記事

「かばった安倍総理の責任も厳しく問われるべき」塚田副大臣辞任について玉木代表


 玉木雄一郎代表は5日国会内で、塚田一郎国土交通副大臣辞任を受け、記者団からの取材に応じた。

 玉木代表は副大臣の辞任について、「遅きに失した」と述べ、安倍総理が当初かばったために辞めにくくなり、政府も自民党も辞任を促しづらくなったと受け取れるため、「かばった安倍総理の責任も厳しく問われるべきだ」と考えを示した。

 当初の塚田副大臣の発言にあった政治家を忖度(そんたく)して道路整備事業に予算をつけるようなことは「昭和の時代の自民党」だと強く批判。副大臣室で国交省道路局長が同席の上、さまざまなやり取りがされていたことについては、面会文書が残っているはずなので、文書をもとに予算決定のプロセスが適正かどうかを「しっかり検証すべきだ」と訴えた。

 こうしたことから、今回の件は辞任して終わりではなく、税金の私物化が全国に広がっていないか、公共事業における口利きがないか国土交通委員会でも厳しく追及し、予算委員会の集中審議も開くべきだと主張した。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  2. 2

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  4. 4

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  5. 5

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  7. 7

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  8. 8

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  9. 9

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  10. 10

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。