記事

海外投資家31年ぶり高水準売り越し~バブル期より質が悪い日本の株式市場

「海外投資家が日本株の売りを膨らませている。2018年度の売越額は約5兆6300億円と、31年ぶり高水準となった。米中貿易戦争などを背景に世界経済の先行きに慎重姿勢を強めたためだ。ただ日銀がほぼ同額(約5兆6500億円)の買いで相殺し、売り買いが拮抗。海外勢の売りを日銀が一手に受け止めるいびつな構図が鮮明になっている。

東京証券取引所が4日、18年度の投資部門別売買動向を発表した。海外勢の売越額はバブル経済の本格化で日本株の上昇が続いた1987年度以来の高水準となる。売り越しは2年連続」(4日付日経電子版「海外勢、日本株31年ぶり売越額に 18年度」

海外投資家が1987年度以来31年ぶりの大幅売り越しを記録したようだ。1987年はブラックマンデーがあった年であるから、売り越しになったとしても不思議なことではない。

因みに、バブル期の1984年から1990年の間、海外投資家が買い越しを記録したのは1988年の1回しかない。それは、大量のCBとワラントからの転換売りという技術的要因によるもので、日本経済の先行きを懸念しての売り越したものではなかった。この辺の経緯は拙著「1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実」(河出書房新社)を参考にして欲しい。

今回年度ベースで2年連続売り越しとなったということは、「世界経済の先行きに対する懸念」が台頭してきた昨年秋よりも前から海外投資家は日本株を売り越しているということ。つまり、直近の2年度連続売り越しの方が、バブル期の売り越しよりもずっと質が悪いということ。

日本の株式市場の実態は、バブル期以上に深刻な状況にあるということだ。それが株価に反映されていないところが最も恐ろしいところだ。そしてそれは、今の株式市場は、本来株式市場が有していた先行指標としての価値がなくなったことを意味するものだ。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  6. 6

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  7. 7

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  8. 8

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  9. 9

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。