記事

東京都 風呂敷配布に「3億円」報道 都に聞いてみると「さらに1億円で…」

 東京オリンピック・パラリンピックの準備に伴い、過去最大の7.5兆円となった東京都の2019年度一般会計予算。そのうち、小池都知事の“肝いり”事業として、3億円を投入し「風呂敷20万枚」を無料配布する。

 都の担当部署に聞くと、同事業は日本の文化を国内外に発信する「アート&エコ風呂敷プロジェクト」。予算の3億円は20万枚の風呂敷の製作費や人件費などを含むといい、デザインや種類、1枚当たりの製作費などは検討中だという。さらに、約1億円をかけて展示イベントも開催するということだ。

 3億円という予算規模は、同じく五輪関連では競技会場施設のWi-Fi整備、ジュニア選手の発掘・育成などと同じ。ノンフィクションライターの石戸諭氏は「東京五輪を名目になんでもやっていいかというとそれは違う。本来の意味に立ち返って、“スポーツを楽しむ”というところに予算を使ってほしい」と指摘する。

 そこで、“ふろしき王子”こと横山功さんにも話を聞いてみた。横山さんは風呂敷について「風呂敷の良さを知っている人が欲しがるもの。一方的に配るだけでは使わない可能性も…」と懸念を示す。そのため、「使い方を実演するとかいろんな結び方があるとかPRしないといけない。いかに興味を持ってもらうかということが必要では」と意見を述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎新元号最終“6案”が判明 「令」がダメな3つの理由とは

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  4. 4

    ゴルフ外交 2首脳だけで話す価値

    和田政宗

  5. 5

    トランプ氏が天皇会見重視する訳

    WEDGE Infinity

  6. 6

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

  7. 7

    サンジャポがねつ造か 非難の声

    女性自身

  8. 8

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  9. 9

    安倍首相は天皇の政治利用を慎め

    小宮山洋子

  10. 10

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。