記事

中川翔子「いじめられた方が学校いけなくなるのおかしい」「絶対いじめた方が悪い」 新学期に向けて連続ツイート

画像は公式サイトをキャプチャ
画像は公式サイトをキャプチャ

タレントの中川翔子さんが4月3日、ツイッターでいじめについて投稿した。投稿は同日、中川さんが出演した教育番組「#8月31日の夜に。」(Eテレ)に先駆けたもの。同ハッシュタグには新学期が始まる直前の憂鬱な気持ちが多く投稿されている。中川さんは、

「いじめられた方が学校いけなくなったり転校しなきゃならないのっておかしい。お金も時間もかかること。いじめは絶対にいじめた方が悪い」
「被害者が守られる社会であってほしい絶対に」

と投稿した。

一番の復讐は「自分なりに好き、幸せと感じられることをたくさん見つけること」

中川さんは番組公式サイトのコラムで、中学の頃「グループ分類」にうまく馴染めず、スクールカースト上位グループから悪口を言われる、物を取られるなどしていたと記している。

ツイッターでは「物理的ないじめだけじゃない。陰口、悪口、無視、されて嫌なことを人にされつづけたら積み重なると学校の休み時間が地獄になるんだよね」とツイート。そのようないじめに対し、

「された方は言われた方は、心の傷がずっと消えない。だけどそんなくだらないことを絶対自分はしない、と気付いて、いじめをするくだらない奴より人生の過ごし方を豊かにする早道になるのかもしれない」

といい、一番の復讐は「自分なりに好き、幸せと感じられることをたくさん見つけることなのかもしれない」と綴った。そのため「10代の柔らかい脳みそを使える時間は未来への種まきタイム」として、

「変な人に攻撃されたせいで悩むのはもったいない」
「有意義に自分の好きなもの、こと、のために時間を使いたいですね」

と呼びかけた。また、改めて「だれかをいじめる資格がある人なんていない」といじめを否定し、「いまの環境にいなくても、どこかには必ず、感性が近い人、一緒にいて楽な人、必ずいる」と訴えた。

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。