記事

『ロケット・ササキ』外伝(1)「電子レンジ」開発に携わった「寺師一清」 - 大西康之

1/2

 1953年に大阪府立大学を卒業した寺師一清(てらしかずきよ)は「実家から通える」という理由で早川電機工業(現シャープ)に入社した。大卒入社の1期生で同期は13人いた。大学で機械工学を学んだ寺師は研究所に配属された。

 その年の2月に『NHK』のテレビ放送が始まった。売れるかどうか分からなくても、いの一番に製品化し、世間から「ハヤカッタ電機」と冷やかされていた早川電機は、放送が始まる前に電機業界の先陣を切って家庭用テレビの量産に踏み切った。

車より高い調理器

 「期待の新人」寺師は、続々と開発される新型テレビのシャシー(枠組み)設計を担当した。

 1958年になると寺師は平野工場(大阪市)に移った。平野工場はテレビのほか、冷蔵庫、蛍光灯、炊飯器を生産しており、寺師は掃除機やミキサー・ジューサーの開発に携わった。翌年には製品企画部長に抜擢された。入社6年目で部長というのは超スピード出世に思えるが、大卒1期生の寺師たちは入社当初から「幹部候補」であり、ベンチャー・スピリットに溢れる社内では、「当たり前の人事」と受け止められた。

 「何でもいいから、どんどん新規商品を考えろ」

 担当役員にハッパをかけられた寺師たちは、思いつくままに様々な試作機を作った。

 例えば「ゼンマイ式髭剃り」。コンセントも電池もいらないのが売り物だったが、ゼンマイの力では刃を素早く動かすことができず、まともに剃れないため製品化は見送られた。「電動ハサミ」は洋裁で大量に布を裁つ縫製会社向けに開発した。1枚の布なら鮮やかに切れたが布を重ねると切れず、これもお蔵入りとなった。

 失敗が続く中、唯一、製品化にこぎつけたのが「レーダーレンジ」である。レーダー、すなわち電磁波で食べ物や飲み物を加熱する調理器だ。本家の米国ではそう呼ばれていたが、「レーダー」では物騒なので「電子レンジ」として商品化することにした。レーダーレンジのアイデアを早川電機に持ち込んだのは、電磁波を発生させるマグネトロンという部品を作っていた神戸工業の佐々木正という取締役だった。

 佐々木は戦時中、陸軍登戸研究所に徴用され、マグネトロンを使った「殺人光線」の開発に携わっていた。戦後、佐々木は米国のリットンという会社がマグネトロンを民需転換してレーダーレンジを作っていたのを目の当たりにし、すぐに神戸工業で事業化に動いた。それに、最初に食いついたのが「ハヤカッタ電機」の早川電機だった。

 1962年、早川電機が発売した本邦初の「電子レンジ」の値段は54万円。トヨタ自動車の大衆車「パブリカ」が38万9000円の時代である。今の価格にして200万円近くにもなる。車より高い調理器が家庭に売れるはずがない。

 寺師は海苔や昆布の乾燥用にどうかと漁村を回ったが、「そんな高いもんが使えるか」と門前払い。ようやく見つけた最初の客は、近畿日本鉄道(近鉄)だった。近鉄は特急列車のビュッフェに電子レンジを導入した。安全のため列車の中で火は使えないが、電子レンジなら火を使わずに温かい食事を提供できるという算段だ。

 次に見つけた顧客は1964年、東京オリンピックの選手村である。こちらも安全上の配慮から、なるべく火を使いたくない。早川電機の電子レンジは、世界中から集まるアスリートに、いつでも暖かい料理が食べられるという「おもてなし」を提供した。

激烈な「電卓戦争」

 1964年の春、神戸工業の佐々木が早川電機に移籍した。コンピューター、半導体への進出を夢見た創業者の早川徳次と2代目社長の佐伯旭が、三顧の礼で引き抜いたのである。

 佐々木が早川電機に移る数年前から、米国では企業が給与計算や経理にメーンフレームと呼ばれた大型汎用コンピューターを使い始め、IBM、バローズ、ユニバックといったメーンフレーム・メーカーが台頭していた。

 日本の通商産業省(現経済産業省)もコンピューター産業の育成に乗り出し、富士通、NEC、日立製作所、東芝、三菱電機、沖電気の6社を重点的に支援することになった。早川電機も手を挙げていたのだが、東京に嘆願に行った早川徳次は、通産省に「おたくの体力では無理ですよ」といなされ、怒り心頭に発して大阪に戻ってきた。徳次は幹部を集めて宣言する。

 「読み書き算盤を電子化せよ。早川電機は、大企業が使う大型コンピューターはやらない。その代わり八百屋のおかみさんが使える小型コンピューターを作る」

 こうして個人向けの計算機「電卓」の開発が始まり、若手の技術者たちが初めて触るコンピューターと格闘しているところ、やってきたのが電子工学の第一人者の佐々木だった。

 佐々木は「商用化は不可能」とされていたMOS(金属酸化膜半導体)で電卓用のLSI(大規模集積回路)を作り、初期には何十キログラムもあった電卓をポケットサイズに小型化した。佐々木率いる早川電機は、樫尾4兄弟のカシオ計算機と激烈な「電卓戦争」を繰り広げ、その過程で50万円を超えていた価格は、十数年で1万円を切るまでになった。

 電卓の小型化に飽くなき執念を見せた佐々木は、ディスプレーに液晶を採用し、乾電池の代わりに太陽電池を取り入れた。いずれのデバイスも民生機器で採用するのはこれが初めてだった。

あわせて読みたい

「シャープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  5. 5

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  6. 6

    反日の嘘暴く韓国書籍が日本上陸

    高英起

  7. 7

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  8. 8

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。