記事

新元号「令和」、中国人はどう捉えた? 「反日報道」から「ニセ典拠」まで 「令和」にも典拠となる中国の史書が存在する? - 安田 峰俊

1/2

 2019年4月1日、菅官房長官により発表された新元号「令和」。日本の改元は中華圏での関心も高く、発表直後に私のスマホには日本のメディアに先駆けて『網易』『新浪』といった中国のネットポータルサイトや台湾の『聯合報』、香港の『蘋果日報』といったメディアの速報通知がどんどん飛び込んできた。

【写真】「令和」の典拠『万葉集』にツッコミを入れる中国のネット民

 そもそも中国は元号発祥の国であり、1911年の辛亥革命まで元号が使われてきたので(翌年を元年とした中華民国独自の民国紀元も、台湾ではいまでも現役だ)、元号への関心はひときわ高いのだ。ちなみに元号は、現代中国語では「年号」と書かれることが多い。


※新元号発表直後の筆者のスマホの通知欄。日本語のYahoo!ニュースとほぼ同時に中華圏のニュースサイトから速報が出ているのがわかる。ちなみに上から順に台湾・香港・中国・中国・台湾・中国・日本・中国である

「『脱中国化』のメッセージを持っているのか?」がポイント

「令和」の出典は『万葉集』巻五「梅花の歌三十二首并せて序」にある「于時初春令月 気淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香」という一節で、国書から元号が採用されるのは初とされている(ただし上記の文言は、中国古典である『文選』巻十五に収録された張衡「帰田賦」に酷似した字句があり、その影響を受けたものだった可能性が高い)。

 ゆえに今回、特に中国のメディアで注目されたのが、令和の元号が「脱中国化」のメッセージを持っているか否かという話題だった。人民日報傘下の大手紙『環球時報』が、元号の発表直後に「脱中国化」をいったん報じてから、『万葉集』の詩歌にも中国古典の影響が見られることや、令和の典拠が『万葉集』内の漢文で書かれた個所だったことを指摘して「中国の痕跡を消し去ることはできなかった」と見出しを修正して記事を差し替えたのが代表的だ。

 ほかにも、中国の大手メディアが4月1日にウェブ配信した、元号関連報道の見出しを見てみよう。

漢字の国だけに、中国メディアの水準はあなどれない

■日本の新年号『令和』は中国という教師に対するどのような侮りが含まれているか(『環球時報』)
■日本の新年号は「日本の血統」か「中国の本質」か?(『新民晩報』)
■誕生した日本の新年号「令和」での「梅の花の宴」はどこであったの?(『澎湃新聞』)
■来たる「令和」時代の日本はどんな転機を迎えるか?(『環球時報』)
■「令和」が来た! 日本の新年号のなかには安倍のどんな「野心」が含まれているのか?(『中国捜索』)

 アクセス至上主義のウェブニュース記事だけに、一部の見出しには過激な表現もある。ただ、1番目の『環球時報』の記事を含めて、内容を読んでみると日本の元号制度や典拠について相当詳細な文化的考察がなされていたり、日本側の報道がしっかりまとめられていたりする。

 改元前からある程度の準備をしていたのだろうが、万葉集の説明をはじめ、よく短時間で異国の文化をここまで詳しく解説する記事が出せたなあと感心してしまうほどだ。漢字の国であるだけに、この手の分野における中国のメディア報道の水準はなかなかあなどれない。

 総じて言えば、中国のメディアが注目していた視点は、元号に代表される日本の伝統文化に過去の中国がどのような影響を与えてきたか、また中国古典と日本の古典はどのような関係にあるかといった点である。日本でも同様だが、自国に引きつけた話題は、たとえ外国の話であっても注目を集めやすいのだ。

あわせて読みたい

「新元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  4. 4

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  5. 5

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。