記事

【読書感想】ニッポン47都道府県正直観光案内

1/2

ニッポン47都道府県正直観光案内
作者: 宮田珠己
出版社/メーカー: 本の雑誌社
発売日: 2019/01/22
メディア: 単行本(ソフトカバー)
この商品を含むブログを見る

内容紹介
本気でいいと思ったスポットを厳選!スペクタクル富山県、大分県は大魔境、茨城県が日本一?愛知県の可能性は無限大、一番ダサい東京都。※すべて個人の感想です。

思う存分旅行がしたい!と言ってサラリーマンをやめた著者が、行きも行ったり日本全国47都道府県のおすすめ観光スポットを正直に紹介。こんなところがあったのか?!と地元の人も驚く、すごいスポット満載。読んで楽しい、行って楽しい2倍3倍楽しめるガイドエッセイの誕生。

 エッセイストであり旅行作家でもある宮田珠己さんによる「日本の47都道府県の観光案内」。
 以前、益田ミリさんが、47都道府県すべてに行ってみる、というエッセイを出しておられましたが、同じようなコンセプトでも旅する人の趣味嗜好によって、こんなに違うものになるのだな、と思いながら読みました。

fujipon.hatenadiary.com

 宮田さんは、グルメとかショッピングに関してはスルーして、とにかく、見る価値があるもの、体験してみて面白かったもの、を中心に紹介しています。

 やはり一般人には見た目が大事。一見してわかるすごさで驚かせてほしいものです。

 言うまでもないことですが、すごいと言っても、必ずしもでっかいものや派手なものばかりがすごいわけではありません。細かかったり素朴なもの、地味なもののなかにも、すごいものはある。B級スポットや路地裏にも、武家屋敷やタワーのなかにも探せばすごいものは当然あると思います。奇妙なお墓、すごいダムなら私も見たい。

つまり専門的知識がなくてもマニアの目で見なくても、誰が見ても来てよかったと思える、手ごたえの感じられる場所を観光したいということです。

 というわけで己の観光客魂に従い、妥協なき観光案内を書いてみることにしました。想定している読者は、その県に行くのは最初で最後かもしれない人です。一度しかない機会をみすみすつまらない観光地で過ごしてしまわないために、参考にしてもらえればと思います。

 最初にスタンスをはっきりさせておきます。

・マニアでなくても、専門知識がなくても楽しめる観光スポットのなかから、正直にいいと思う場所だけを厳選し、都道府県別に紹介する。

・グルメや、おみやげ、店、宿などの情報は枝葉だから扱わない。ただしものすごいものに出会った場合に限りとりあげることにする。

・めんどくさいのでアクセス情報、入場料、休館日などは扱わない。行きたい場所があれば各自調べるように。

 いろんな意味で、思い切ったというか、割り切った観光地紹介エッセイではあるのです。

 このインターネット時代に、入場料とか休館日などを掲載するのは、たしかにあまり意味はないかもしれません。そういう情報って、すぐに古くなってしまいがちですし、今は、どこかに旅行するというときに、とりあえず行き先を検索する人が多いでしょうから。

 ただし、読み進めていくと、宮田さんは基本的にアウトドア系で、海やシュノーケリングが大好きで、水族館についての著書もあるのです。

 そして、サブカルっぽいB級スポットに味わいを感じやすいようです。

 趣味が合う人にとっては、「こういうのが欲しかった!」というものである可能性がある一方で、「自分には役に立たないなあ」と感じる人も少なからずいそうではあるんですよね。

 それに、観光ガイドに載っていないような珍しい場所が満載、というわけでもないですし。

 ただ、ベタな観光地だからといって全否定するわけでもなく、マイナーなスポットだからと過剰に持ち上げるわけでもない、宮田さんの「正直」が詰まっているのは間違いありません。

 各都道府県についての、宮田さんなりの「観光地としての地理的な適性」みたいなものが、けっこう熱く語られているのも面白いところです。

 自分が住んでいる県が、他人からはどんなふうに見えているのか、というのは、けっこう気になりますよね。

 褒められてもけなされても生活に変化があるわけではないし、褒められても「そんなたいしたものじゃないよ」と思うのだけれど、けなされるとなぜか腹立たしいのだよなあ。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  8. 8

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  9. 9

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  10. 10

    安易な「独裁」批判に潜む落し穴

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。