記事

保釈されたゴーン氏を異例の再逮捕する東京地検特捜部。今ぜひ読んでほしい「無罪請負人」弘中惇一郎著

沈没しかけていた日産自動車を立て直した「英雄」であったはずのカルロス・ゴーン氏が4度目の逮捕をされた。

保釈された被告を再逮捕するのは異例という。

私たち一般人には真相は何かはわからないけど多くの人はゴーン氏が犯罪人で裏で悪事を重ねてきたんだな、という印象になったのではないか。

日本の検察のおそろしさを書いた本がある。弘中惇一郎弁護士著の「無罪請負人」だ。

かつて検察に狙わ、犯罪人のイメージを印象操作された人たちを弁護してきた弁護士の本だ。小沢一郎。鈴木宗男。堀江貴文。 「郵便不正事件」とされた村木厚子。「ロス疑惑事件」の三浦和義など。

古いものも多いので今の日本がどうかはさておきこの本を読といかに日本の検察や裁判が腐っていておぞましいかがありありとわかる。

私たち一般人にとっては、かつてもてはやされた有名人が検察に狙い撃ちされて犯罪人にされてざまあみろぐらいの感覚しかないのかもしれないが、こんなにも恣意的に逮捕や勾留が行われ、あほのごとく無駄で長いだけの裁判につきあわされて、時間やお金も疲弊させれる日本の検察・司法は腐っているとしかいいようがない。

ゴーン氏がどうなのかはわからない。でもこの本をぜひ読んでほしい。マスコミや検察や場合によっては時の政府によって「生贄」にされ、無罪だったり本来なら軽い罪の人を重罪のようにして社会的に抹殺してしまうおぞましい日本の実態がわかるだろう。

ぜひ読んでみてください。

無罪請負人刑

弘中惇一郎著

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4041107644?ie=UTF8&tag=syohyou-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=4041107644

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  3. 3

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  4. 4

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  5. 5

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  6. 6

    衆院解散で追及をかわす安倍首相

    早川忠孝

  7. 7

    麻生大臣がMMT導入を明確に否定

    青山まさゆき

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    マラソン開催 都の声に札幌怒り

    文春オンライン

  10. 10

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。