記事

保釈されたゴーン氏を異例の再逮捕する東京地検特捜部。今ぜひ読んでほしい「無罪請負人」弘中惇一郎著

沈没しかけていた日産自動車を立て直した「英雄」であったはずのカルロス・ゴーン氏が4度目の逮捕をされた。

保釈された被告を再逮捕するのは異例という。

私たち一般人には真相は何かはわからないけど多くの人はゴーン氏が犯罪人で裏で悪事を重ねてきたんだな、という印象になったのではないか。

日本の検察のおそろしさを書いた本がある。弘中惇一郎弁護士著の「無罪請負人」だ。

かつて検察に狙わ、犯罪人のイメージを印象操作された人たちを弁護してきた弁護士の本だ。小沢一郎。鈴木宗男。堀江貴文。 「郵便不正事件」とされた村木厚子。「ロス疑惑事件」の三浦和義など。

古いものも多いので今の日本がどうかはさておきこの本を読といかに日本の検察や裁判が腐っていておぞましいかがありありとわかる。

私たち一般人にとっては、かつてもてはやされた有名人が検察に狙い撃ちされて犯罪人にされてざまあみろぐらいの感覚しかないのかもしれないが、こんなにも恣意的に逮捕や勾留が行われ、あほのごとく無駄で長いだけの裁判につきあわされて、時間やお金も疲弊させれる日本の検察・司法は腐っているとしかいいようがない。

ゴーン氏がどうなのかはわからない。でもこの本をぜひ読んでほしい。マスコミや検察や場合によっては時の政府によって「生贄」にされ、無罪だったり本来なら軽い罪の人を重罪のようにして社会的に抹殺してしまうおぞましい日本の実態がわかるだろう。

ぜひ読んでみてください。

無罪請負人刑

弘中惇一郎著

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4041107644?ie=UTF8&tag=syohyou-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=4041107644

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。