記事

芸能界の薬物疑惑 マトリがマーク、逮捕秒読み国民的タレント

送検されるピエール瀧被告(写真/時事通信フォト)

 4月クールの“春ドラマ”が、続々とスタートする。例年ならテレビ関係者が何よりも気にするのは視聴率だが、今はそれ以上に出演者の“私生活”に敏感になっているという。

 4月2日、コカインを使用したとして、麻薬取締法違反の罪で俳優・ミュージシャンのピエール瀧被告(51才)が起訴された。売れっ子俳優でもあった彼の不祥事は、芸能界に大きな影響を与えた。

 NHKは大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』を含むドラマ6作のオンデマンドでの配信を停止。5月17日公開予定の映画『居眠り磐音(いわね)』は、瀧容疑者の出演部分の撮り直しを余儀なくされた。映画『麻雀放浪記2020』だけは賛否の中そのまま封切られるものの、逮捕による被害総額は10億円を超すとまでいわれている。

 そのため、映画やドラマ関係者の間では、タレントや俳優に関する薬物の捜査情報が、まことしやかに共有され始めているという。

「瀧容疑者を逮捕した厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、以前から芸能界をターゲットにした捜査を水面下で進めています。例えば、ヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優Aには、すでに内偵が入っているそうです。大物音楽プロデューサーのBは、クラブでコカインを摂取しているとのタレコミがあり、昨年末に家宅捜索を受けたとされています。両者とも逮捕には至っていませんが、当局が徹底的にマークしているのは確かです」(捜査関係者)

 さらには、バラエティー番組に引っ張りだこで、結婚後もグラビアアイドルとして活躍を続ける30代のC、海外進出も果たしてマルチに活躍する元男性アイドル歌手のD、“若者のカリスマ”として国内外で高い人気を誇るミュージシャンのEにも、捜査の手が及んでいるという。

それだけではない。

「誰もが知る国民的タレントのFは、すでに逮捕が秒読み段階にあるといわれています。昨年の夏頃にマトリが家宅捜索に入り、“黒に近いグレー”と判断された。ただ、彼の場合、逮捕となれば社会的影響があまりに大きく、“完全な黒と断定できない限り逮捕できない”との判断になったようです。逮捕されれば、過去最大の騒動になるでしょう」(前出・捜査関係者)

※女性セブン2019年4月18日号

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  2. 2

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

  3. 3

    萌えキャラで献血PRは問題あるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  5. 5

    河野氏 荒川氾濫なら500万人影響

    河野太郎

  6. 6

    荒れた日韓関係と無縁のラグビー

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    体に悪い? 意外なファストフード

    諌山裕

  8. 8

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  9. 9

    高尾山の台風被害 迷惑登山客も

    清水駿貴

  10. 10

    イジメ教師 後輩に性行為強要か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。