記事

日本のパーソナルトレーニングブームはこうやってはじまり、今後はこうなるという予測

1/3

本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと108円ですが年間のマガジンだと3980円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w 質問が少し足りなくて今週は5問。どんどんくださいよ〜

 1 自分のキャパシティの見極め方
 2 企業サイトで他社事例を紹介する場合、許諾は必要?
 3 お酒が飲めるボドゲカフェの可能性はあるか
 4 今後の不動産投資についての考察
 5 ヤンキー向けアクサセリーの販売戦略

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

さて、「芸は身を助ける」「好きこそものの上手なれ」と言われまして、日本の家電が復活するには「家電が大好きで大好きでたまらない」という経営者やエンジニアを採用すべきだし、飲食店も調理が好きじゃないヤツを厨房に入れるとタバコをフライパンから上がる炎で着火してSNSに投稿するバカが出現することになるわけです。

で、自分の場合で言うと、サーフィンではLuvsurfっていうリニューアル直前のクライアントは、ほぼサーフィン業界ではナンバーワンサイトになったし、パーソナルトレーニング業界では知らない人がいないダイエットコンシェルジュっていうところもお客さんだし、今度は世界的規模の釣り具メーカーさんのサイトとコンサルティングをやりそうだし、もうはっきりと「趣味が仕事に」なっているわけです。

Twitterでも最近はパーソナルトレーニング界隈の皆さんとのやりとりが多いわけですが、実際これほどまで流れが来ていることを知らない人も多い。本日はいまの日本でパーソナルトレーニングがどうしてここまで急激に来たのか、マーケティング的に分析してみようと思います。こういうこと書いてる人、誰もいなさそうなので・・・

日本のスポークラブからのパーソナルトレーニングの流れ

パーソナルトレーニングというものを皆さんが知るようになったのはRIZAPのコマーシャルからだと思います。調べると2015年あたりからテレビで大量の露出が始まったようです。それまでのいわゆるスポーツクラブのマーケットは、どんな感じか、経産省の資料がありました。

いつも書いているように、いわゆるスポーツクラブは完全にシニア層が中心となっていてます。利用者数と売上の推移は


3.11の時が抜けていますが、売上は一進一退。利用者数は暇な団塊の世代のおかげで少し増えたりしてきました。しかし


1人あたりの売上はダダ減り

なわけで、高齢の利用者が増えても彼らは高いお金は払わないので全体としては売上は増えていません。そして完全に60代にシフトされました。これは5年前なので、ズバリ団塊の世代が65歳くらいのときです。


年齢構成を見ると明らかに


完全に高齢者シフト

になってるわけですね。ただ、この高齢者もすでに団塊世代は70〜73歳になっていて、近いうちに離脱していく。スポーツクラブの将来は決して明るくなかったわけです。

あわせて読みたい

「ダイエット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  4. 4

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  5. 5

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  6. 6

    ジャパンライフ被害男性の証言

    田中龍作

  7. 7

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  8. 8

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

  9. 9

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  10. 10

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。