記事

「国会が役に立ってない」という18歳意識調査が結構鋭い。

ネットのニュースの見出しに「国会役立ってない若者3割」という見出しがあった。

日本財団が継続的におこなっている「18歳意識調査」(17~19歳が対象)で、そんな結果が出たそうな。

「国会は国民生活の向上に役立っていない」との回答が30.0%に対して、「役立っている」の20.9%。「分からない」は49.1%で、記事によると「日本財団は『若年層の国政への関心の低さを表している』としている。」とあるけど、まあこの質問自体がちょっと乱暴というか、立法府が役に立ってなければ、すべての法や政策はそもそも意味がなくなってしまう。まあ、直感的な役立ち度への評価という感じなのか。

ただ、元の調査を報告しているこちらのウェブサイトで詳細を読むと、これが結構面白い。

なんか、的確なのだ。というか、「関心が低い」じゃなくて、「これじゃ関心持たれないよな」という理由が明らかになっていて、まあ若者じゃなくても感じていることなんじゃないか。

「要約版」の9ページに国会が「有意義な場になっていると思わない理由」というのがある。上位から順に「議論が噛み合っていない」「政策以外のやり取りが多すぎる」「同じ質問が繰り返される」と続くわけで、「ごもっとも」としか言いようがない。

自由回答を見ていくとわかるんだけれど、特に野党には結構厳しい。

つまり、行政府というのは首相を始めとして、毎日注目されて批判もされる。一方で、立法府というのは野党の見せ場、というか「国会でしか見ることがない」と感じられるわけだから、評価対象になるのだろう。

そして、ひたすら政権のエラーを待ってはそこを叩くというパターンが「ダメ」であることがちゃんと見透かされている。

自由回答に書いているのは全員ではないから、ある程度関心を持った人だろう。そういう人に評価されてないんだから、彼らが国政に関心を持つほど野党には不利になるかもしれない。

で、「分からない」が圧倒的に多いのも当たり前で、自分がその歳だったらそう答えるんじゃないか。若いうちはたとえ社会人になっても、「まあ人生は自分でどうにかしなきゃ」という意識が強い。自分ではどうしようもなくなってきて、「ねんきん定期便」をこっそり覗いて見る年になって、政治にすがるように思う。

というわけで、結構おもしろい調査なんだけど、「国会を改革するための改革案」を読むと、最後に凄いのがあった。

「お菓子の持ち込みを許可する」

やっぱり18歳は18歳なのであって、それはそれでちょっと安心してみたりするのであった。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  2. 2

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  3. 3

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  4. 4

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  6. 6

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  7. 7

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  8. 8

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

  9. 9

    小沢氏は国民民主で役に立たない

    早川忠孝

  10. 10

    堤真一 慕った佐藤浩市共演NGに

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。