記事

秋田犬、存続の危機:飼育頭数拡大と殺処分ゼロへ

1/2

東京・渋谷の待ち合わせスポットとして有名な「ハチ公像」。年間540万人の外国人が訪れるといわれ、「ハチ公物語」のモデルとなった秋田犬は今や日本を代表する犬ですが、そんな秋田犬が今、存続の危機にあります。秋田犬の保護活動を行う団体に話を聞きました。(JAMMIN=山本 めぐみ)

飼育放棄された秋田犬を保護、新たな里親に結びつける

ONE FOR AKITAの仲間、秋田犬の「だいすけ」(左)と「さくら」(右)

世界的に人気が高い秋田犬。愛くるしい見た目で、日本人なら誰もが知る犬ではないでしょうか。その秋田犬、実は日本国内における飼育頭数が近年激減しています。

「ピーク時は約4万6,000頭もの秋田犬が犬籍登録されていましたが、現在、国内の犬籍登録数は約2,500頭にまで減っており、絶滅の危機にあるといっても過言ではありません」と話すのは、秋田を拠点に活動する一般社団法人「ONE FOR AKITA(ワン・フォー・アキタ)」の理事であり、チーフドッグトレーナーを務める鈴木明子(すずき・あきこ)さん。

お話をお伺いした鈴木明子さん

「ONE FOR AKITA」では、飼育放棄されて保健所に保護され、里親が見つからず、殺処分一歩手前の秋田犬を保護し、専門のドッグトレーナーによる心身のケアを行い、新たな里親に結びつける活動をしています。

秋田駅から徒歩5分の立地で「秋田犬ステーション」という施設を運営し、秋田犬の魅力をより多くの人に伝えながら、秋田犬が抱える課題の啓蒙活動も行なっています。

この施設では毎週火曜・土曜・日曜に秋田犬に会うことができ、ここで販売される秋田犬グッズは、売り上げの一部が秋田犬保護のための資金として活用されています。

海外では今、秋田犬が空前の大ブーム

鈴木さんは、ONE FOR AKITAの仲間である秋田犬「だいすけ」との出会いが秋田犬専門トレーナーになるきっかけだったという

海外では今、秋田犬が大人気だと鈴木さん。「著名な方ではザギトワさんの他にも、ロシアのプーチン大統領や朝青龍、白鵬、昔の方でいえばヘレン・ケラーも秋田犬を飼っていたことで知られています」。

「秋田犬の海外人気を証明するデータとして、検索エンジン・Googleで検索されるキーワードの数を調べると、『AKITA』というキーワードの検索数が日本を代表する富士山、『Mount Fuji』や『Fujiyama』よりも圧倒的に多いです。ここで『AKITA』が意味するのは『秋田県』ではなく『秋田犬』。また、海外からの都道府県の検索ランキングも、日本の首都である『TOKYO』に次いで検索数が多いのが『AKITA』。世界を代表する大都市といえる東京に次いで、日本では『AKITA』が検索されているんです」

犬籍登録数の推移を表したグラフ(ONE FOE AKITA)より

海外人気の背景には、2009年に公開されたリチャード・ギア主演のハリウッド映画「HACHI 約束の犬」があるといいます。

「1987年に日本で公開された映画『ハチ公物語』をリメイクした作品で、飼い主が亡くなった後、いつもと同じ場所で主人の帰りをずっと待ち続ける秋田犬・ハチの健気な姿が描かれています。この映画で、秋田犬の風格のある立ち姿や、一人の飼い主をずっと一生涯思い続ける『ワンオーナードッグ』である点に大きな注目が集まったのではないかと思います」

この映画の公開以降、2011年あたりから徐々に海外の秋田犬の犬籍登録数が増加し、2016年には海外の犬籍登録数が日本国内の犬籍登録数を上回るようになりました。

「忠犬ハチ公」に代表される秋田犬の特徴

大型でがっしりとした風格のある凛とした立ち姿

「秋田犬は、どこか日本の侍精神にリンクするところがあるのではないか」と鈴木さん。「飼い主のために忠義を尽くし戦う。主人を守るためなら他には牙をむくような、一筋に、一心に主人を思う性格が海外の方たちに人気の理由ではないか」と指摘します。

体格的にはどんな特徴がある犬なのでしょうか。

「体高は平均で61〜67cmあり、体重は35~50kgになります。体の特徴としては、三角耳と呼ばれるピンと立った三角の耳と、巻き尾という巻いた尻尾があります」

「毛の色は基本的に3色で、赤毛と呼ばれる茶色、白毛と呼ばれる白色、虎毛と呼ばれる黒と白のまだら色があります。昔は黒毛も存在したのですが、現在はほぼいなくなりました」

「性格はそれぞれ違うので、中には人懐こい子もいればそうではない子もいますが、『ハチ公物語』のハチのように、一人の飼い主に対して忠誠を尽くすのが秋田犬の特徴です」

一人の飼い主を思うが故に‥
秋田犬が抱える課題

里親探しを依頼されていた秋田犬「むぎ」。縁あって秋田県内在住の方に家族として迎え入れられた

海外では人気の秋田犬ですが、日本国内では深刻な課題を抱えていると鈴木さんは話します。

「現在、国内で秋田犬として犬籍登録されているのはわずか2,500頭余り。この背景の中で最も我々が危惧しているのが、秋田犬の殺処分です。一人の飼い主を一途に思う秋田犬は、新たな飼い主さんのところで心を開くことができず、それによって『懐いてくれない』『これ以上は飼えない』といった理由で保健所に持ち込まれてしまうケースがある」と指摘します。

「調べてみたところ、平成28年に秋田県で殺処分された年間79頭の犬のうち、約3割にあたる21頭が秋田犬でした」

あわせて読みたい

「動物愛護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  8. 8

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  9. 9

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  10. 10

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。