記事
  • ヒロ

気持ちを入れ替えるのは新入社員だけではない

1/2
4月といえば新年度入り、新学期、新入生そして新入社員であります。この新〇〇は小学校1年生、大学1年生、社会人1年生といった節目にしか出てこないイメージも強くあります。社会人においては下手をすれば1度しかない言葉といってもよいでしょう。

その新入社員に向けて各社トップは様々な思いをぶつけています。「世に必要とされる人に」(トヨタ社長)、「世界と戦い、自分の道開け」(ユニクロ社長)「英語のみならず人間としての魅力も磨け」(外務大臣)、「大胆な仕事を」(メルカリ社長)…と夢と期待を抱かせる言葉が並びます。儒教的に言えば先人の言葉をしっかり受け止め、先輩に倣い、世のため、会社のために貢献してほしいということでしょう。

そんな新入社員も1年後には先輩になり、急に上から目線になるもの。日本で時たま、そんな若者たちと接点を持つとその変わりように「おい、君たち、大学生じゃないんだから」と思わず言いたくなる時もあります。大学の体育会系で奴隷、平民、貴族、天皇と揶揄される上下関係を会社でもいつの間にか、当たり前のようにやっているのでしょうか?

先日、テレビで上野の花見の場所取りに暗いうちから来ていたスーツ姿の若者がインタビューされ、「私が一番若いので」とブルーシートに小さなテーブル、そこにパソコンを置いて仕事をしていたのが印象的でした。この馬鹿々々しい場所取り、公園を誰が管理しているのか知りませんが、ロープで敷地を区切り、ネットで申し込む方式にすればいいのになぜ、場所取りなんて言う古典的なやり方をいつまでも踏襲しているのだろうと思います。

さて、新年度を迎え、本当に変わらなくてはいけないのは新入社員ではなく、入社2年目以降の我々社会人であります。新入社員は右も左もわからず、社長の訓示など雲をつかむような話で覚えている人など一人もいません。そんなことよりも社長は社内向けの訓示として全社員に発するべきでしょう。上述の社長の言葉はすべての社員に聞かせたい内容です。

メガバンクはかつて新入社員をブラックホールのように吸い上げていました。リーマンショック前は3行で年5-6000人規模、その後一時減ったものの2016年も5000人を超えていました。それが2020年採用計画は3行で1800人です。銀行は人材を吸い上げるのもすごいですが、使えない人材を吐き出す力も強い特殊な業界であります。ノルマという熾烈な競争が生み出すゆがんだ人間形成は池井戸潤氏の格好の標的となったわけです。

では1800人しか採用しない時代に更に人材を吐き出す力はあるのか、といえばNOでしょう。多分、一人ひとりの力量を重視する人事政策への変換が待っています。ならば、それ以上に大事なのは大量採用時代に入り、行内に留まっている行員が目指すものが何か、そこをリセットしないと行員が育たず、銀行が勝ち抜けないでしょう。

あわせて読みたい

「新入社員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。