記事

新元号は「令和」

平成に代わる新しい元号について、政府は、今日1日の臨時閣議で「令和(れいわ)」とすることを決め、菅官房長官が発表しました。

元号は、皇太子さまが天皇に即位される来月1日に「令和」に改められます。間違って、昨日が平成最後の日だと思った人もいたようですが、今日は発表だけで、改められるのは5月1日零時です。

朝からというか数日前から、テレビでも連日、新元号のことを大きく取り上げ、ちょっと騒ぎすぎでは、と思いました。

国独自の元号を使っている国は、日本だけです。

これだけ国際化しているのですから世界共通の西暦がよいということと、元号が改められるごとに西暦に換算することが大変なこと、などからです。

今日は、号外が出されたり、関心が大きいことはわかりますが。

さて、新しい元号ですが、「令和」の典拠、いわゆる出展は日本最古の歌集である万葉集であると発表されました。

飛鳥時代から奈良時代にかけての公卿・歌人である大伴旅人の、大宰府の旅人の邸宅の梅花の宴で読まれた和歌、32首の梅の花の和歌の序文のことば、ということです。

「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして気淑く(きよく)風和らぎ(やわらぎ) 梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披き(ひらき) 蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫らす(かおらす)」から、令月の「令」と風和らぎの「和」をとった、ということです。

「平成」までの247の元号の全てが、中国の古典を典拠にしているとされていて、日本の古典から引用されたのは初めてだということで、その点は、よかったと思います。

私は、大学の卒論が、万葉集の柿本人麿歌集だったので、なじみがあることもあります。

「令」という漢字が使われるのは、今回が初めてだそうです。

「和」は今回で20回目になります。

時代にともなって、新元号を伝える方法も変わり、発表会見はインターネットで中継され、46万人が視聴し、動画配信サイトのYouYubeでも21万人が視聴しました。

「平成」と「令和」の初めと最後の文字を合わせると「平和」になるので、平和な社会が続けばよいといっている人もありました。

みなさんは、新しい元号を、どう受け止められたでしょうか。

あわせて読みたい

「新元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。