記事

ドイツ、脱原発・石炭火力で電力不足の恐れ=業界団体

[フランクフルト 1日 ロイター] - ドイツの電力業界団体BDEWは1日、政府のクリーンエネルギー政策により、2023年までに電力需給ギャップが発生すると警告した。BDEWは、ドイツ政府の脱原発、脱火力発電方針により2023年までに2万6000メガワット(MW)相当の発電能力が失われるとしたうえで、新エネルギーでは不足分を補いきれない可能性があると指摘した。

独エネルギー当局は、最大電力需要を8万1800MWと想定している。

BDEWによると、現在8万8600MWの化石燃料発電能力は2023年までに6万7300MWに減少する見通し。

原子力発電能力は2022年までに1万MW減少、石炭火力発電能力は2017─22年に7700MW、2022─2030年に1万4700MWそれぞれ減少するとの予想を示した。

あわせて読みたい

「ドイツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  6. 6

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  7. 7

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  8. 8

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  9. 9

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。