記事

「報道とは加害行為との自覚を」”マスゴミ”と呼ばれるTVニュース、視聴率や演出はどこまで追求すべき?

1/2

 日々起きるニュースを分け隔てなく取材し伝えるはずの報道番組。しかし、災害報道、事件、事故などを扱う際には、「人が亡くなっているか」「画が派手か」など、ニュースを選ぶ上での独自の判断基準も存在するようだ。その背景には「視聴率」の問題も横たわる。


 AbemaTV『AbemaPrime』木曜MCのふかわりょうも、そこに疑問を感じている一人だ。「私のたっての希望で特集を組んでいただいた。我々は報道番組の現場で葛藤や疑問を感じることも少なくない。それを共有して、報道を考えるきっかけになればいいと思っている」。番組では、メディアが命を取り上げるということについて、およそ1時間にわたって議論した。

■メディアは命を雑に扱っている?

 元NHKアナウンサーの堀潤氏は「忘れられないのが、トップのネタがないと悩んでいる時に、上司が火事の一報の映像を見て"よし、燃えてんな!トップにいけるか?"と言った。家の中にはまだ人がいるかもしれないのに。"番組トップを飾ることのできる華々しい映像"の魔力に吸い寄せられている現場にこのまま居続けたら、取り返しのつかないことになるんじゃないかなと感じたこともあった」と証言する。


 番組が調べたところ、「映像が強い:昼の火災より夜の火災」「死者の有無:死者がいるとリアリティ・緊張感を持たせる」「死者の数:事件・事故の規模が大きいほど注目される」「被害者が誰か:子供は注目が高い・障害者はネタにならない」といった考えをベースに人命に関わるニュースを選定している放送関係者もいるという。


若新雄純(慶應義塾大学特任准教授):死者が出ることによって初めて大きなトピックとして報道され、注目されるという構造がある。しかし本来、死者が出たこと自体は僕らが知るべき情報ではなく、それが起きてしまった背景や、気をつけるべきことこそ知るべき情報のはず。にもかかわらず、まだ死者は出てませんよね、そこまで被害者は出てないんじゃないですかね、ということで報じられない。これは報じる側が線引きをしているのか、それとも見る側が死ぬか死なないか線引きをしているからなのか。


石井てる美(お笑い芸人):見ている側にも亡くなったかどうかが事の大小の判断基準になっているという部分があるのではないか。


小川彩佳アナウンサー:番組づくりの中でそういう議論がされることもある。流しっぱなし、投げっぱなしにするのではなく、何がいけなかったのか、どういう解決策があるのかを議論し、繰り返し報じることに意味があるのではないかと。ただ、悲しみにフォーカスすることで、より共感やリアリティを持って見てもらえるし、悲劇を繰り返さないようにと思ってもらえる部分もあるのではないか。


柴田阿弥(フリーアナウンサー):私もAbemaTV『けやきヒルズ』を担当していて、やっぱり"命のネタ"は扱う時間が長くなる。なぜなら、そこには注意喚起の意味もあるから。でも、当初の目的を忘れてしまい、"そっちの方が引きがあるから"と思ってやってしまっているケースもあるかもしれない。そして、そのことが視聴者に伝わってしまっているのではないか。


安倍宏行(ウェブメディア「Japan In-depth」編集長、元フジテレビ報道局解説委員):やはりストレートニュースは報道しっぱなしで、解決策は別の番組やドキュメンタリーなど、違うところでやればいい、という考えがあった。しかしそうではなく、ストレートニュースの中でもきちんと扱おうという"建設的ジャーナリズム"の考え方も出てきていて、記者たちによる勉強会も立ち上がってきている。


ふかわりょう:病院をフィーチャーしたドキュメンタリーがあった時に、患者さんが亡くなるシーンが出てくる。子どもの頃は看護師さんって大変だなと思って見ていたが、今となってみれば、もしかしたら予め亡くなりそうな人をリサーチした上での演出だったのかもしれないとも思う。そして、それが必ずしも悪いことだとは言い切れないとも思う。そこに矛盾というか、葛藤を感じる。


山田俊浩(週刊東洋経済編集長):亡くならないと報道されないというのはメディアだけの話でなく、警察や企業でも犠牲がないと動かないことはある。逆に言えば、それだけ命が失われるということには敏感だが、そうではないと油断してしまうし、平和ボケしてしまうという弱さを人は持っているという意識が必要だ。


ふかわ:例えば大きな地震が起きた時、どの番組をつけても死者が何人と出つづけている。私はあれにも違和感がある。被害を伝えることは大事かもしれないが、死者数を大きな文字で点灯し続けることは、むしろ命を雑に扱ってしまっているように思える。

安倍:ずっと見ている人だけでなく、パッとその時だけ見る人もいる。大地震の場合、テレビが映す死者の数は"デスカウンター"というわけではなくて、それが増えることによって事実をリアルに伝えようという姿勢の現れなのではないか。

小川:私は伝え手としては言葉に関して違和感を覚えることがあった。例えば「死傷者」という言葉があるが、命が失われているという重みと、軽傷であれ重傷であれ、負傷とは違うと思う。亡くなった方が3人いて負傷者が100人の時も、その逆でも「死傷者103人」となるが、そこはもう少し丁寧な伝え方をするべきなのではないかと考えて、番組として分けてお伝えするような工夫をしたことがある。

■犠牲者は実名で報じるべきなのか?人物像を報じる必要はあるのか?

「人が死んだ辛いニュースを見たくない」「遺族とかにインタビューは必要?」「模倣犯を生むだけでは?」

 視聴者の中には、報道番組にそんな感想を抱いている人も少なくないだろう。


 街の人に話を聞くと、「あくまで事実を伝えるべきであって、面白くというか誇張して伝えるというのは、ちょっとどうかなと思う」(会社員の男性・28歳)、「いろんな局が過熱して争うように報道するのは意味がないと思う。どこか1局でいいじゃんって。人がそれでいっぱい現地に入って現地の障害になってしまうのは見ていて効率が悪いと思う」(会社員の男性・24歳)という声も聞かれた。


ふかわ:自殺した子が、クラスではこういう子でした、同級生は"あんなにいい子だったのに"と言ってます…という具合に、感情移入させたいのか、人格を与えていく風潮もある。その部分はなぜ必要なのだろうか。

若新:僕らが面白いと思って見てしまう番組には、事実だけ淡々と並べられているのではく、ストーリーがあると思う。僕らはストーリーに感情移入しやすい。例えば誰かが亡くなったという事実だけではなく、その人はこういう人だった、周りはこんな風に悲しんでいる、というのがストーリーだ。しかしストーリーというのは、あくまでも一つの解釈。それが重視されているところに問題があるのかもしれない。


山路徹(ジャーナリスト、APF通信社代表取締役):実名報道と仮名報道があって、最近ではA、B、Cという呼び方で報じることもある。ただ、実名で報じたり、人物像に触れたりすることで、視聴者の感情に非常に大きな影響を与えることもできる。たとえば横田めぐみさんが"Aさん"として報じられていたとしたら、拉致被害者に対する我々の感じ方、距離感は違っていたのではないか。

そして、逆にそれがフィーチャーされすぎると"ヤラセだ"とか、"お涙頂戴だ"と言われてしまう。それでも我々に与えられている時間は番組の中で数分から数十分。限りのある時間の中で、思いやテーマや伝えようとすると、当然そこにストーリーが生まれる。


中山正敏(リポーター、『情報ライブ ミヤネ屋』などに出演):もし自分の子どもが自殺したとしたら、名前も出ずに"自殺した女の子がいる"だけでなく、こういう子で、実はこんな夢を持っていた、と報じてもらって、悲しみを共有してもらいたい、生きていたことを覚えておいてもらいたい、と思うかもしれない。ただ、親御さんや友達を大勢の報道陣が取り囲んでいるような状況は視聴者にとって違和感があるものだと思う。難しいと思う。

■取材される側のストレス

ふかわ:もちろん命の尊厳を傷つけるものを電波に乗せてはいけないはずだが、結果的に命を軽視する映像になってしまっていると感じることもある。ご遺族に家に入って行って、強引に"今の心境を"と聞いている昔のニュース映像を見た。今では考えられないことだが、やはりネットが無い時代はマスコミに逆らう術がなく、取材を受け入れざるを得ない面もあったのではないか。メディアの報じられ方は是正されてきたのだろうか。


中山:現場取材では、どういう状況なのか分からないまま、今そこにいる人に声をかけに行く。話しかけていいのか、答えていただけるのか、そういった葛藤は常にある。"少しお話伺えますか"と話しかけ、状況を聞いて、大丈夫であれば伺っていく。

安倍:新聞の写真だって、昔はもっとえげつなかった。だから日本新聞協会も民間放送連盟も議論を重ねて、メディアスクラム(集団的過熱報道)はやめようという申し合わせができていった。やはり社会の見る目が昔とは全然違うし、批判を受け止めて、良い意味での自主規制をするようになったと思う。一方で、悪い自主規制もある。それが進めば、今度は何も報道しなくなるし、国民の知る権利を侵害することにもなる。

山路:やはり報じる側と報じられる側ではものすごく違う。僕は取材者として物を伝えてきたが、ミャンマーでうちの長井健司記者が射殺された時には取材される側になった。外務省やご遺族と連絡を取りながら、事件の処理もしなければならない中、会社にメディアが押し寄せてきた。

周辺の人たちにも迷惑がかかるので、別の場所に移動させて囲み取材も受けた。早く一報を出さないといけないというメディアの使命も理解できるが、取材される側のストレスには大変なものがある。ただ、事件・事故、災害報道は常に何かの犠牲の上に成り立っているという宿命もあると思う。そこでどれだけ自分を律することができるかだろう。


森達也(映画監督・作家、『A』『FAKE』):難しい問題だが、どういう場合でも違和感は残ると思う。僕は報道というのは決して美しい行為ではなく、ある意味で加害行為だと思う。遺族を傷つける場合もあるし、見ている人を傷つける場合もある。

でも、傷つけるだけの力があるということは、同時に訴える力にもなる。戦争で女性や子どもが血まみれで倒れている様子を見た方、遺族は傷つくかもしれない。でも同時に、こういうことをやってはいけないんだという気持ちも持つかもしれない。だからメディアは人を傷つけているんだという意識を持った方が良いと思う。

ふかわ:誰も傷つけないということはあり得ないのか。

:基本的にはあり得ない。他愛ない料理番組だって、それを見ながら、過去のことを思い出して、傷口に塩を塗られる気持ちになる人もいるかもしれない。でもそれを恐れていては何もできなくなってしまうし、覚悟するしかない。


震災後、ドキュメンタリー映画『311』の監督として被災地を取材するため、すぐに現場に行った。まだまだ瓦礫の山、そしてご遺体がある中で遺族の話を聞いた。その時点でもう不謹慎だったと思う。ただ、この映画のテーマは自分たちの葛藤だった。"遺族をなんだと思っているんだ""命をなんだと思っているんだ"と叩かれる自分たちも含めて出していこうとテーマを設定して、映画を作った。やっぱり評判は悪かったし、ほとんど誰も見てくれなかった。

ふかわ:大義としてはいいのかもしれないが、今はやるべきではないのでは、という声もあったのでは。

:でも、"今だから"というロジックも成り立つと思う。"今はやるべきではない"というのは、不謹慎だから自粛すべきというロジックが原動力になっている部分が多い。よくよく考えて、それでも今やるべきだと思ったらやるし、当然叩かれることもある。しかし、それは今のテレビではできないことでもある。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  5. 5

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  6. 6

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    香港デモ成否が日本の未来に影響

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。