記事

包み紙使ったウクライナ大統領候補の肖像画、題名は「汚職の顔」


[キエフ 31日 ロイター] - 3月31日に大統領選が行われたウクライナで、現職のペトロ・ポロシェンコ候補の経営会社が製造した菓子の包み紙や薬莢(やっきょう)を使い、同候補の肖像画が制作された。

タイトルは「汚職の顔」。2人のアーティストがさまざまな隠された意味を込め、20キログラム分の菓子の包み紙を使って作り上げたという。同候補は過去に経済発展・貿易相などを務め、「チョコレート王」として知られる

制作者の1人であるダリア・マルシェンコさんはキエフでロイターの取材に応じ、空っぽの包み紙は5年前に親ロシア派のヤヌコビッチ氏に代わって大統領に就任したポロシェンコ候補の「中身を伴わない」約束を象徴したものだと説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。