記事

メルカリに「令和」グッズが早くも登場 マグカップ、素人の手書き色紙、デコトラ用ステッカーなど

メルカリに出品されていた令和マグカップ。黒塗りは編集部。

平成に次ぐ新元号「令和」が発表されたことを受け、メルカリには早くも「令和」グッズが多数出品されている。特に多いのは新元号発表に伴って新聞各社が発行した号外だ。朝日新聞や読売新聞の号外が1000円~3500円と高額で出品され、取引が成立していた。

ただ、中には「令和」と書かれた紙やうちわなどもある。A4のコピー用紙に「令和」と書かれた品は説明欄に、

「どうか買ってください。記念にどうですか? 値下げできます。素人の手書きです」

と書かれていた。この品は1000円で出品されていたが、後に削除されていた。

菅官房長官が「令和」の書を掲げた姿をプリントした「令和Tシャツ」も


毛筆で「令和」の文字を書いたものは複数出品されていて、このうち13時30分時点で最も高いのは、金の色紙に書かれた5000円の品だった。

大阪からは、菅官房長官が「令和」の書を掲げた姿がプリントされた「令和Tシャツ」が2500円で出品された。「車に貼ってアピールしましょう!」のコメントと共に出品されたデコトラ用の「令和ステッカー」(1枚1500円)や、大化から平成までの元号と共に令和が書かれた「令和マグカップ」(1900円)、ゴシック体、丸ゴシック体、明朝体の3種類のフォントが用意された、書類訂正用の「令和シール」(370円)などもあった。

このほか、「令和セール」「令和決定セール」などと題し、イヤホンや置き時計、洋服など、元号とは特に関連がなさそうなものも出品されていた。セールと書いてはあるものの、実際にどのくらいお買い得なのかは不明だ。

安倍晋三首相は新元号について、「人々が美しく心折を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」と明かしている。万葉集巻五に収められた「太宰帥大伴の卿の宅に宴してよめる梅の花の歌三十二首、また序」の冒頭、「時に初春の令月、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から取られた。元号はこれまで漢籍から引用されていて、国書から取られたのは確認が可能な範囲で今回が初めてとなる。

あわせて読みたい

「新元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  4. 4

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  9. 9

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  10. 10

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。