記事

"令和元年"での解散を狙う安倍首相の執念

2/2

■秋の衆院選で「連勝」して、安倍4選待望論を待つ

それでは「冷却期間」はどれぐらい考えればいいのだろうか。

今の自民党の党則では総裁は連続3期9年までしか認められていない。4選を目指すには党則を変えなければならない。党則の変更は毎年初頭に行われる党大会で行うのが通例だ。

今回の場合、2021年の9月に行われる総裁選のルールを変えるのだから同年の党大会では遅すぎる。前年の20年の党大会で変える必要があるだろう。そのためには、さらに前年の19年、つまり今年の秋から暮れごろには党内の議論が始まらなければ手遅れになる。

このスケジュールを念頭に置けば、ことし7月に参院選、秋に衆院選を行い「連勝」することで、安倍4選待望論を待つというシナリオが浮かび上がってくるのだ。自民党幹部は、こう打ち明ける。

「秋から暮れにかけての衆院選なら、参院選から3カ月以上あくので公明党も容認だ。10月に消費税が10%に上がるが、それを差し引いて余りある対策をとってあるのでダメージは少ないだろう」

■首相周辺は「安倍1強」が続くことに疑いがない

もし7月の衆院選に続き、秋から暮れにかけて衆院選が行われるとなると令和元年は選挙イヤーとなる。平成の終わりに行われる統一地方選もあわせると今年は主要3選挙すべてが行われることになる。そうなれば中曽根内閣の時の1983年以来、36年ぶりのことだ。

ここまで読んで気づいた人も多いと思うが、安倍氏や自民党幹部たちは、一連の政治日程で「負ける」ということは全く想定していないことが分かる。参院選、衆院選のどちらかで大敗することになれば、安倍氏は4選どころか、3期目の任期満了を待たずに退陣を求められることもある。

平成がおわり令和になっても「安倍1強」が続くことに疑いがないのだろう。確かに結集が進まない野党の現状をみていると、その自信も分からないではない。

■安倍政権にとって不都合な「改元ジンクス」

安倍政権にとっては縁起の悪い過去のデータを最後に紹介しておきたい。元号が変わると、短期間で首相が交代するというジンクスがあるのだ。

1989年、元号は昭和から平成になったが、この年に竹下登首相は退陣。その後を襲った宇野宗佑内閣も超短命になって海部俊樹内閣が誕生したことは記憶に新しい。

大正から昭和になったのは1926年暮れ。それから4カ月たらずの27年4月に当時の若槻礼次郎首相が退陣している。そして明治から大正になった12年には西園寺公望首相が辞任している。全く偶然ではあろうが、元号が変わると国民の意識が変わる。政治の空気も変わる可能性があることは心しておくべきだろう。

(プレジデントオンライン編集部 写真=時事通信フォト)

あわせて読みたい

「新元号」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  3. 3

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  4. 4

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  5. 5

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  6. 6

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  7. 7

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。