記事

日本の医療の実態 延命治療で管だらけの最期迎える

やるか、やらないか、それが問題だ

 決して他人事とは思えない問題だ。東京・福生病院で腎臓病患者の女性(44)が人工透析中止を選び、意思確認書に署名した1週間後に死亡した。今年3月、そのことが報じられると、病院が〈死への誘導〉をしたと批判され、意思確認や手続きが適切だったのかが問題視された。女性は亡くなる前日に「透析を再開したい」という趣旨の発言をしていたという夫の証言もあった。

【図解】延命治療をする?しない?決断の流れ

 延命治療を続けるのか、やめるのかという判断は非常に難しい。そもそも延命治療とは、何か。終末期医療に詳しい長尾クリニック院長の長尾和宏医師はこう解説する。

「病気や事故、老衰などで、回復の見込みのなくなった“終末期”と判断された患者の命を少しでも延ばすために人工的な処置を施すのが延命治療と呼ばれます」

 一般に、腎不全の患者への「人工透析」、呼吸困難な患者への「人工呼吸」、そして口から栄養を摂ることが困難な患者への「人工栄養」が3大延命治療とされる。高齢者に多いのは、人工栄養のうち鼻にチューブを通して流動食を胃に流し込む「経鼻胃管」や腹部に開けた穴から直接胃に栄養を送る「胃ろう」である。長尾医師が指摘する。

「医療の大原則は『患者の意思の尊重』ですが、日本は先進国で唯一、延命治療を差し控える、ないし中止してほしいという患者の意思が法的に担保されていません。だから病院側はのちに遺族から訴えられるリスクを回避するため、患者に延命治療を勧める傾向がある。本人の意思やQOL(生活の質)よりも家族の意向を優先して亡くなるまで延命治療を続けざるを得ないのが日本の医療の実態です」

 実際の延命治療は、苦痛を伴うものが多い。江別すずらん病院認知症疾患医療センター長の宮本礼子医師が言う。

「延命治療を選択した場合、意識のない状態で寝たきりの人生を送ることになります。自力で喀痰を排出できない場合には、喀痰吸引や気管切開部のチューブ交換が行なわれ、それは患者に耐えがたい苦しみをもたらします。また、胃ろうや経鼻胃管などでは患者がチューブを抜いてしまうのを防ぐため、四肢や体幹を拘束されるケースが多いのです」

 事実、多くの人は延命治療を拒否する意思を持つ。厚労省の「人生の最終段階における医療に関する意識調査」(平成29年度)によると、末期がん治療での「経鼻栄養」は望むが9.8%、望まないが64.0%、「胃ろう」は望むが6.0%、望まないが71.2%、「人工呼吸器」は望むが8.1%、望まないが65.2%と、望まない人の方が圧倒的に多い。長尾医師が指摘する。

「高齢者の多くは『人生の最期を管だらけの身体で迎えるのは嫌だ』と思っています。私は2000人以上の患者を看取りましたが、延命治療を希望せずに自然な最期を選択した末期がんや老衰の方はみな穏やかな最期を迎えました。そうした死を実現するためには、元気なうちから準備しておく必要があります」

※週刊ポスト2019年4月12日号

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  2. 2

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    「暇」は会社の拘束時間が生む

    Yamada_nt

  4. 4

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  5. 5

    木嶋佳苗は魔性 新潮社員が吐露

    キャリコネニュース

  6. 6

    池袋事故 SNSの削除は罪証隠滅か

    深澤諭史

  7. 7

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  8. 8

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  9. 9

    N国党が躍進 NHK民営化は可能か

    諌山裕

  10. 10

    現金不可の楽天球場に売り子不満

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。