記事

バイバイ、都議会。長い間、くそお世話になりました!!!(サンジ風)

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日3月31日が、都議会議員の身分がある最終日でした。明日からは正真正銘の無職です(約2年ぶり3度目)。


1.5期で約6年間。政治家としては短いほうだけど、小学校とほぼ同じだけの期間いたわけだから、人生単位では長い時間を過ごした大切な場所。

最終日は思ったより感傷的になったし、びっくりするくらい寂しかったし、ああここから本当に去るんだなあと自分で選んでおいて若干後悔しました。←

最後の一般会計予算案は反対。反対理由は最後に全文を掲載するのと、(二人でやるのは)最終回の「やなチャン!」動画で説明していますので、そちらをご参照ください。

今回の最終日「討論」は正真正銘最後の登壇で、何か気の利いたことを言いたいけれど、あまり個人的なことを会派討論で言えるはずもなく。

あれこれ考えた末、最後に「今後の都議会、都政の発展を祈念しまして、私の最後の討論を終わります!」と発言したら、めっちゃヤジが飛んできた(苦笑)。

この景色を見ながらヤジを浴びるのも最後なんだなーと思うと、また降壇する時にシンミリしてしまったり。


最後に挨拶した小池知事はびっくりするくらい塩対応でしたが、それもまた都議会。

まああんだけ狂犬みたいな行動をしていたらそうだよねと思っていましたが、サプライズが最後に待っていた。


最後の会派総会をやっていたら、なんと一期生都議たちが次々にやってきて花束を…。これには不意をつかれて、本当に感動してしまいした。


(3分30秒あたりから思わぬ展開に…!)

この中のひとり、森沢都議はブログにも書いてくれまして。

先輩から教えていただいたこと(もりさわ恭子ブログ)
https://ameblo.jp/kyokomorisawa/entry-12450357954.html

こんな私でも残せたものがあったのだなーと、しみじみ振り返り。

思えばたった6年間の都議会議員生活の中で、猪瀬元知事の徳洲会事件から始まり、3人の知事と対峙し。

セクハラやじ問題で大立ち回りを繰り広げ、超党派の部活からパージされるほど毛嫌いされ(笑)。

百条委員会に会派構成がガラリと変わる都議会議員選挙と、ありえないくらい濃い時間を過ごさせてもらいました。

摩訶不思議な慣習やパワーバランスが働く都議会の中で、「政治は数だ」と言われる理由も、また時にそうではない「世論の風」で物事が進むこともよくわかりました。

その中で、やはり私が心がけてきて、そして心から良かったと思えるのが「情報発信」

あれだけ閉鎖的だった都議会の中で、賛否はあれど今は多くの議員たちがSNS発信をするようになり、「場外乱闘」を繰り広げている。それが都民の判断材料になり、また新たな議論が生まれる。

こうした土壌が作られただけでも、私がここにいた意味はあったかなと思います。いや、他にもあったと信じたいですが!

今はググったら私のブログばかりが出てくる都政ネタについても、きっと徐々に新しい情報で上書きされていくのでしょう。

ちょっとさみしいけど、でもそうなる日が近い将来に来ることを楽しみにしています。

最後に、御礼を。


まずは何より、会派を組んでいたやながせ都議。一緒の会派をやったのはわずか半年間ですが、6年間の都議会人生の中でもっとも楽しい半年間だったと思います。

中・高・大の先輩にあたり、もともと気心が知れた関係ではありましたが、都議会初となる「会派総会を生中継」という挑戦も、やながせ都議とだからこそ成立したものだと思います。

半年前、トラブって一人になることが決まった際、すぐにお声がけを下さり、しかも半年後に区長選に出る可能性があることについても、快く理解して受け入れていただきました。

大会派・中会派・小会派とすべてを経験してきている先輩から、半年間で沢山学べたことがありました。

本当にありがとうございました!都議会の改革は任せました!

最後の会派総会に飛び込んできてくれた、後輩都議たち。

おじま都議は「七人の侍」として、知事選の頃からずっと懇意にさせてもらいました。統治機構改革にかける熱意は本物だと思っています。ぜひ、都政を正しい方向に導いてください。

新会派「東京みらい」を結成した奥澤都議・森沢都議・斉藤都議。勇気ある決断だったと思います。自分たちが思う「正しい」政治をやるために、染まらずに突き進んでください。

ITなどの先進政策に詳しい鈴木都議・藤井都議とは、いつも新しい政策について意見交換をさせてもらいました。その優れた知見をぜひ政策に反映させていってください。あれ都民ファ幹部に怒られたと思うけど、ゴメン!!

あと密かにこっそり、午前中に部屋に激励にきて下さった両角みのる都議。前期4年間で「議会の基本」を教えて下さったのは両角さんでした。ありがとうございました!ここに書いたことで怒られたらすいません!

他にも、沢山の素敵な先輩都議、同僚都議たちがいました。心より感謝を申し上げます。

そして都庁職員の皆さま。

スキあらば何かをブログに書こうとする、これまで見たこともない私のような都議を相手にするのは、さぞご苦労があったことかと思います。

議論を戦わせたこともあったと思いますが、都民のために職責をまっとうする皆さんの姿勢や、行政職としての知識の深さに本当に勉強させてもらいました。ありがとうございました!

その他、お名前は出していないけれど、本当に沢山の方にお世話になった約6年間でした。

どのような理由であれ、任期半ばでの辞任となったことについては、関係者・支援者の皆さまに心よりお詫びを致します。誠に申し訳ありません。

この決断と、6年間の議会生活と、皆さまの出会いを決して無駄にすることのないよう。

私は前に進み、そして必ずや道を切り開き、笑顔でまた皆さまとお会いしたいと思います。

長い間、くそお世話になりました!!!

忘れない、でも振り返らない。

ありがとう、東京都議会。

さようなら。

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  4. 4

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  7. 7

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  8. 8

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。