記事

「アニメ化を断った話」を考えた話

なんかアニメ化断念作家の話が周囲で話題になっていた。これなんだが。新人作家が編集者に翻弄された経緯を綴ったエッセイで、一読した印象としては無残な感じだ。

このエッセイに対し、「これは編集者あるあるである」的な感想を残している方がいる。それは正しい面もあるが、厳密には間違いなので、編集者である私の感想など書いておこうかなあと。

まず編集者といっても、担当媒体でかなり行動原理が違う。私は雑誌系編集者だが、著者(ライター)からのメールを1か月放置するなどあり得ない。当たり前だが、それでは月刊誌だろうが週刊誌だろうが本が出ない。

雑誌編集者なら1日100本以上は普通にメールを処理するはず。たとえそうでも締め切りで忙しくても、基本的には数時間以内には返答メールを出すはずだ。結論を出すのが難しい案件であれば、「今はわからないが、多分1か月後には」な「今締め切りで忙しいので、10日待ってくれ」等、期限を相手に伝えるのは当然だし。

当該エッセイを見る限り、それは「文芸編集者」特有(しかも割と一部というか、ライトノベル限定)の行動でしかないと思える。

ライトノベル作家を志した場合の金勘定については6年ほど前に書いたので、興味があれば読んでもらいたい。いろいろな背景があり、現在では初版部数とかはもっと減っているようだが。

私は文芸担当になったことはない。だが周囲の編集者からの情報などがあるので、ある程度は推測がつく。なので以下、解説していこう。あくまで推測なので、このエントリーを事実として信じないように。フリーランスの物書きとして生活したいなら、いろいろな情報から、自分なりの教訓を抽出するべきだ。

こうした「作家なおざり編集」の話を読み解く場合、まず留意すべきは、編集者の行動様式だ。

考えてみてほしい。文芸部門編集者が目指すのは、売れる小説を担当することだ。それが担当媒体のためになるし、自身の社内評価にもつながる。そのために売れっ子に媚を売ったり、見込みのある新人を育てたりする。そこまではわかってもらえると思う。

特にライトノベル編集者の場合、作家の使い捨て度合いが激しく、そもそも小説としての完成度よりアニメ化・コミック化での成功を求められるので、この傾向が極度に強調される。

こうしたライトノベル編集者がどう行動するか、考えてみよう。

まず、新人には優しい。なぜなら、新人は今後売れるか売れないかが、まだわからないからだ。うぶな新人に好感を持たれれば、売れたときに自分の駒にできる。だから優しい。

次に、デビュー後、あまり売れなかった作家に対して、彼らがどう対応するか。門前払いはしない。なぜなら、今後、一発大逆転で売れるかもしれないから。といって、自社で先頭を切って小説を刊行するのは躊躇する。理由はもちろん、前作が売れていない以上、次の作品も売れない可能性が高いからだ。

ではどうするか。万一、他の出版社でその作家が売れたときのために、キープだけしておくわけさ。具体的には、プロットを求め、なるだけ時間をかけてああでもないこうでもないと、引き延ばす。あるいは実作を受け取り「出版できるか会議にかけてみるよ」と、宙ぶらりんの状態に置いておく。

「読んでくれました?」「会議はどうでした?」という問い合わせには、返事をしない。限界まで放置しておいて、「すみません忙しくて返事が遅れました」などと回答し、またプロットにダメ出ししたりして、時間稼ぎに入る。

こうして、1年でも2年でも、作家と作品を塩漬けにする。その間に、その作家がブレイクして忙しくなれば、急遽、そのプロットなり原稿なりで出版する。完全に切れてしまっては、そうした臨機応変な対応ができない。作家からしても、「あのとき冷たくあしらわれたのに、売れたら手のひら返しかい」と、心情的な反発が出てしまうし。

で、その作家の再ブレイクがなければ、メールを放置するなどして、自然消滅に持ち込む。

――とまあ、こうなる。当該作家のエッセイを読む限り、このパターンの典型に思える。

たしかに私個人としても、そんな編集者は屑だと思う。最低でも連絡は即日返ししろよと。だが編集者に限らず、皆さんご存知のとおり、周囲を見回せば、どんな仕事でもいい奴と屑がいる。

アニメ化云々も同様。アニメのプロデューサーは、言ってみれば上記編集者と同じ行動原理だろう。つまり「売れる前からとにかく多くの作品に声だけ掛けておく」って奴よ。売れてから声を掛けるのでは、他社に遅れを取って権利が取れないからだ。だからたとえばその年3本のアニメを計画しているとしても、声だけは30作に掛けておくとかね。

それで小説が実際売れたら「この間の話のように、うちが進めます」と進む。売れなかったら、なんだかんだ理由をつけて自然消滅に持ち込む。

そんな流れではないかと思うわ。

この作家の方に限らず、この手の対応にあった人に助言したいのは、編集者なりアニメプロデューサーが「あなたの作品は最高です」「一生ついていきます」「監督が忙しくて」「今は難しいです」「ここの展開が駄目です」「古臭い」などと言われても、いちいち本気にしないことだ。

褒められようがけなされようが、所詮、赤の他人が、自分の利益のために嘘ついているだけと思ったほうがいい。自作の評価に入れ込みすぎると、精神面が危うくなる。一歩引いたところから、すべての状況を眺めておくことだ。最悪、兼業作家から趣味作家に戻るだけの話。飯のために他に仕事を持つという意味では、たいして違いはない。そのくらい冷徹に事態を把握しておけばいい。

本来、アニメ化打診だろうがプロット提出だろうが、作業を依頼してきた相手には、「期限つきの映像化優先権」「期限つきの出版検討権」などを有償で販売するべきだろう。ただ今の日本の現状でそうした慣習があるとは思えない。このあたり、新人作家が出版社と直接対峙するのは難しい。作家の利益を最大化する、出版エージェントと契約すべき時代なのかもしれない。

実際日本でも、出版エージェント事業は博報堂をはじめ、いくつかの企業が始めている。ただまだビジネスとして順調に立ち上がっているとは言い難いのが残念だ。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  3. 3

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  4. 4

    北欧の教育を崇める日本に警鐘

    BLOGOS編集部

  5. 5

    自称リアリストのうぬぼれに怒り

    内田樹

  6. 6

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  8. 8

    闇営業報道は反社の証拠買ったか

    AbemaTIMES

  9. 9

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

  10. 10

    宮迫の弁解に「往生際が悪すぎ」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。