記事

新元号 和書出典なら伝統の破壊になる

あす4月1日、新しい元号が公表されます。新元号の先行を巡っては、これまでの漢籍(中国の古典)に換えて和書(日本の古典)を出典とするのではないか、との憶測が飛び交っていますが、それがもし本当なら1370年を超える元号の伝統に泥を塗る大チョンボになることでしょう。そんなことがないよう、祈ります。

文春オンラインの記事『元号はだれのもの?』(3月30日)によると、「安倍首相は周辺に対して『元号の出典は日本で書かれた書物がいい』と話していると報じられた」とのことです。また、保守を自称する一部極右勢力から「和書を出典とすべきだ」との声が上がっているのも事実のようです(保守を名乗っているのになぜ伝統を破壊したいのか、意味が分かりませんが…)。

「大化」から「平成」まで、日本の元号は247を数えますが、確認できる限りすべて出典は漢籍だとされています。初期には「霊亀」や「朱鳥」など一風変わった年号もありますが、それらも出典は漢籍です。そもそも元号そのものが中国からの輸入品なので、それが自然であるわけです。

いまの極右(自称保守)勢力には一世一元の制を神聖視する人も多いようですが、それだって明や清が採用していたもので、中国からの輸入品です。忘れてしまっている人が多いようですが、明治になって一世一元の制が導入されたとき、「清」はまだ存在していたのです。それも、日本以上の大国として。まさに「隣の大国から借用してきた」制度です。

もちろん、時代に合わせて変えるのが必要なこともあるでしょう。しかし、それは科学技術の進歩や社会構造の変化などによって、必要に迫られて行われるべきものです。たとえば、コンピューターで管理するには元号は不便だから行政文書で使うのはやめよう、という声が一部で上がっています。革新主義や進歩主義に立脚すれば、それが自然な普通の考え方ということになるでしょう。

しかし、皇室関係の諸制度や元号は、まさに「昔から存在する」「変わらないもの」だからこそ価値があるわけです。「理屈ではうまく説明できないとしても、人間は全能ではないから、昔から変わらず存在するものには、価値を認め、尊重しよう」というのが、保守主義の根幹的な考え方です。

保守主義からも革新主義からも、「和書を元号の出典にしよう」などという考えは出てきません。それをもし変えるならば、もはや「変えたいから変える」という、個人的な趣味の世界でしかありません。

これに関連して、注目すべきニュースがありました。本来なら新元号発表と同じ4月1日から、「平成」元号の制定過程を記した公文書が原則公開の扱いになるはずでした。しかし、3月14日、マスコミ各社が一斉に「今年三月までの保存期間を一年以上延長する方針」(3月14日東京新聞)と報じています。

その理由は「前回の平成改元までの詳細な経緯が明らかになれば、静かな環境での元号選定作業に影響を与える可能性があると懸念した」(同)ためだというのですが、おかしな話です。4月1日には新元号が公表されるのですから、元号選定作業は終わっており、影響など与えようもありません。

おそらく、選定過程ではなく5月1日の改元が混乱するのを恐れているのでしょう。しかし、「平成」制定過程の情報が表に出て、何の問題があるのでしょうか。文書が公開されない以上、想像することしかできませんが、もしかしたら政府が恐れているのは「平成改元の時と違う部分」が露見することではないかと感じます。そのような理由で新元号に批判が集まったら、ご即位の慶事に泥を塗ることになり、内閣の進退にも直結しかねません。

元号の出典にかかわることであれば、たとえば平成改元時に「和書を出典とする」ことについて議論が交わされ、「問題が多い」として却下されていたことを示す文書が見つかったような場合です。そうなれば、内閣には「なぜ前回と判断を変えたのか」について、はっきりと説明する責任が生じます。とはいえ、平成改元文書の公開が先送りされた以上、このあたりは確認のしようがないところです。

朝日新聞は『新元号、初めて日本の古典由来に? 漢籍とのダブル説も』(3月19日)という興味深い記事を出しています。この記事には「日本と中国両方の古典にルーツを持つ元号となる可能性も取りざたされている」と書かれています。元号にふさわしい良い意味を持つ言葉は、和書に掲載されていたとしても元々は漢籍から借用してきたケースが多いので、和書から持ってきても漢籍からの孫引きとなってしまうというわけです。

明治に書かれた教育勅語すら、五倫(孟子滕文公上「教以二人倫一、父子有レ親、君臣有レ義、夫婦有レ別、長幼有レ序、朋友有レ信」)、五常(仁、義、礼、智、信)、六諭(洪武帝「孝順父母、尊敬長上、和睦郷里、教訓子孫、各安生理、毋作非為」)など、朱子学に拠って書かれています。

実際、このあたりの漢籍が出典になる可能性は本当にあるわけですが、安倍首相の祖父、岸信介氏の名前に使われている「信」の字が出てくるのは気がかりです(笑)。さすがに、自分や家族に関係する文字は避けて貰いたいし、当然避けるだろうと思ってはいるのですが。

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  2. 2

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  3. 3

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  4. 4

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  6. 6

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  7. 7

    GoToの旅行に税金使われる違和感

    中川 淳一郎

  8. 8

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  9. 9

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  10. 10

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。