記事

「児童虐待」を模倣させないため テレビでの伝え方を真剣に考えてほしい(水島宏明)

1/2
[画像をブログで見る]

虐待の「行為」をくわしく「再現」するニュース番組

 冒頭の画像は、相次ぐ児童虐待事件の一つとして、日本テレビ「news zero」が3月14日に放送した、両親が8歳女児の両手両足を縛って水風呂に入れた行為が殺人未遂の容疑で逮捕されるに至ったニュースで虐待の様子を再現したCGの画像だ。虐待を「実際にどういうふうにやったのか」のくわしく伝える報道のやり方である。

 筆者は、テレビ報道の研究者として、最近起きた千葉県野田市の栗原新愛さんが父親から過酷な虐待を受けて死亡した事件以降のテレビ各社の報道をチェックしてみた。そこで気がついたのが前述の「news zero」のように、虐待の「やり口」をくわしく再現したり、虐待の様子を動画で見せるニュース報道が増えている現状だ。たとえば、同じく「news zero」では新愛さんの虐待死で逮捕された父親の再逮捕を続報した3月8日、別の虐待事件についても動画で報道した。床に横たわった6歳の男児を母親が怒鳴りながら何度も蹴りつける。その様子を13歳の兄がスマホで隠し撮りした動画がSNSに流れて拡散されたという。

 相次ぐ虐待についてのテレビニュースは、現代の日本においては親による虐待で時に子どもが命を落とすことがけっして稀なことではなく、氷山の一角に過ぎないことを物語っている。

 他方で、テレビでこのようにくわしく伝えることは果たして、虐待を止める要因になっているのか、それとも逆に虐待を増やしているのかを考えていくと、テレビ報道での「くわしい伝え方」が虐待を増加させる要因になっている印象が強い。

「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」

(10歳で死亡した野田市の栗原新愛さん)

 こういうSOSを通っていた中学校の先生に向けて発していたのに虐待の末に命を落とした新愛さんの場合、虐待の様子を両親が動画で撮影していたという。

「news zero」が報じた水風呂で虐待されて死にかかったという女児のケースでも両親は水風呂に入れたわが子の様子を動画撮影していたという。

 あまり想像したくないことだが、わが子への残虐行為を楽しんでいたのだろうか。だとすれば虐待の手口を詳細に伝えたこうした報道は、犯罪の抑止どころか逆に誘発させかねない危険性を伴うものではないだろうか。なぜなら、子どもをすでに何度か虐待している親に対してそうした虐待の方法があることを教えることになってしまうからだ。そうした方法を「試してみる」という誘因になってしまいかねない。

 新たに残酷な手口の虐待事件があった場合でも、テレビはこうした反応も考慮してもっと抑制的に報道すべきだと考える。

模倣を防ぐために、「行為」をくわしく報じないという自殺報道のルール

 実は報道すべき行為をどこまでくわしく伝えるべきかについては前例がある。自殺のニュース報道で、誰かの自殺を伝えることやその詳細な行為(たとえば、学校の屋上から塀を乗り越えて飛び降りた、とか、ホームに入ってきた列車に飛び込んだ、公園の木の枝にロープを吊るして首をつったなど)、くわしく情報で伝えたり、CG映像などで再現して伝える行為は、WHO(世界保健機関)のガイドラインで原則として禁じられている。統計上、くわしい自殺報道を目にした人が模倣するというデータがあるからだ。

 厚生労働省のホームページにあるWHOの「自殺予防 メディア関係者もための手引き」の要点に以下の要素も掲げられている。

●自殺既遂や未遂に用いられた手段を詳しく伝えない。

出典:厚生労働省 公式ホームページ「WHO 自殺予防 メディア関係者のための手引き(2008年改訂版日本語版)」

 これと同様に、ピエール瀧容疑者の逮捕以来、一気に増えたコカインについての報道も「どういうふうに入手」するかや「どういうふうに吸うのか」といった「くわしい内容」は、模倣を招きかねないことや犯罪を強調しすぎることで治療可能だという側面が伝わりにくくなること、薬物依存症を治療中の患者や家族が報道によって強い影響を受ける可能性があることなどで慎重な報道を求める声が各方面から上がっている。

薬物報道のあり方については、2017年に荻上チキらによってガイドラインが提案されている。これはTBSラジオ『荻上チキ・Session-22』で放送された「薬物報道ガイドラインを作ろう!」という企画から生まれたもので、松本俊彦(国立精神・神経医療研究センター)、上岡陽江(ダルク女性ハウス代表)、田中紀子(ギャンブル依存症問題を考える会代表)との議論を経て作られた。

荻上チキ氏らが「薬物報道ガイドライン」を提唱している。

出典:CINRA.NET「ピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕。著名人薬物報道のあるべき姿は」

 これと同様に、児童虐待についての報道も、どのように虐待行為をしたのか、というくわしい行為ばかり集中するような報道については、報道する前にもっと慎重になるべきだと考える。

 筆者自身も児童相談所や児童養護施設を比較的長く取材した経験がある。虐待される子どもの心がとてもデリケートである一方、虐待行為をしてしまう親自身の心のケアをきちんとしない限り、根本的な解決を見出すことはできない。非常に難しい分野だと思う。このため、テレビで放送されるドラマであっても場合によっては表現は慎重であるべきだと、これまで筆者は主張してきた。

一番守らねばならない「施設の子どもたち」への「想像力」を失い、彼らを傷つけているのだとしたら、それはどんなに良い放送をしても意味がない。

出典:ヤフーニュース個人「日テレのドラマ『明日、ママがいない』への抗議問題。施設の子どもに対する『想像力の欠如』と『加害性』」

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  2. 2

    景観重視で堤防拒否した二子玉川

    田野幸伸

  3. 3

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  4. 4

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  5. 5

    八ッ場ダムが活躍? 称賛を危惧

    藤田哲朗

  6. 6

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    タワマンは首都圏版ニュータウン

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    好調「note」 CEO語る躍進の理由

    BLOGOS編集部

  10. 10

    ゼルビア問題 藤田氏=悪は間違い

    島村優

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。