記事

新元号には興味ない

 今日の夕刊によると、新元号が4月1日の午前11時半に発表されるということだ。どんな元号になるか、それはどうでもいいのだが、菅官房長官の談話として日経新聞に載っていた「新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざすものになるのが重要だ」という物言いが気になった。本気でそう思っているのだろうか。日本の中だけでしか通用しない年号を生活の中に根づかせたら、不便になる一方ではないのか。今の世界に、ほかにそんな国があるだろうか。

 天皇家の中で代替わりごとに年号を変えるのなら意味があるかもしれないが、世界との交流が不可欠になっている現代の日本で、国内でしか通用しない年号を一般に普及したら、害はあっても益はない。最低でも西暦との併記を採用すべきだろう。幸いにして年号表記を強制している法律はないそうだから、運用の面で西暦との併用を推進して行って、行く行くは西暦に一本化するのがいいと思う。

 平成の30年間を通して、私は書式で強制されないかぎりは平成の年号を使わずに過ごしてきた。だから新年号が何に決まろうと気にはしていない。年号はやがて、天皇の死後の呼び名としてだけ記憶されるようになるだろう。それでいいのだ。

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。