記事

ストーカー被害、6年連続2万件超え 「リベンジポルノ」相談件数も最多

男性の被害も90件ありました
男性の被害も90件ありました

警察庁は3月28日、2018年のストーカー、DV事案に関する調査結果を発表した。調査によると、昨年寄せられたストーカーの相談件数は2万1556件で一昨年より1523件減ったものの、6年連続で2万件を超えた。

ストーカーの被害者は、女性が87.9%、男性が12.1%と、女性が大半を占める。加害者と被害者の関係は「交際相手(元も含む)」が最も多く43.3%。次いで多かったのが「勤務先同僚・職場関係」(12.9%)で、その後「知人・友人」(12.8%)、「関係不明」(7.7%)、「面識なし」(7.5%)と続く。

男性からのリベンジポルノ相談も90件

被害者は20代が多く、加害者は20代と30代が同程度だった。警察が加害者に出す「警告」は、2016年をピークに年々減少。2018年は2451件だった。つきまといなどを止めるよう命令する「禁止命令」は2016年を境に急増し、2018年は1157件と初めて1000件を超えた。2017年の改正ストーカー規制法で、加害者への警告なしに命令を出せるようになったことが件数増加の要因の一つになっていると考えられる。

配偶者からの暴力(DV)の相談件数は7万7482件と、一昨年より5027件増加した。相談件数は2001年のDV防止法施行後最多になった。被害者は20代と30代が同程度で、加害者は30代が多い。

交際中に撮影した元交際相手の性的画像等を、撮影対象者の許可なくネット等を通じて公表する「リベンジポルノ」に関わる相談件数は1347件で過去最多となった。このうち男性からの相談は90件、女性からの相談は1257件だった。

被害者と加害者の関係は「交際相手(元含む)」(61.6%)が最も多い。「友人知人(ネット関係のみ)」も11.1%あった。被害者と加害者の年齢は共に20代が最多で、例年と同様の傾向だった。

相談内容として最も多かったのは、「画像を所持されている、撮影された」で512件。前回調査時から150件増加した。昨年トップだった「画像を公表すると脅された」は514件から498件に微減した。

あわせて読みたい

「ストーカー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。