記事

ベネズエラ、グアイド国会議長を15年間公職追放 影響軽微か


[カラカス 28日 ロイター] - ベネズエラの会計検査院は28日、野党指導者で暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長を15年間にわたり公職から追放すると発表した。

アモロソ検査院長は、グアイド氏の議員就任後の海外渡航費の支払いについて説明が不十分だったと指摘。検査院は2月、グアイド氏が虚偽の収支申告を行ったほか、不正な資金を受け取った疑いがあるとして監査に着手していた。

一方、グアイド氏は集会で、合法な議会によって検査院長に指名されていないアモロソ氏の発表は無効だと主張した。

グアイド氏を暫定大統領として支持し、マドゥロ政権に圧力を掛ける米政府も、今回の処分を一蹴。大半の欧米諸国がグアイド氏を暫定大統領として認める中、公職追放処分は象徴的な措置にすぎず、直ちに大きな影響があるとはみられていない。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。