記事

ママになる小林さんに贈る子育てのコツpart2

ご出産のため3月でOH! HAPPY MORNINGを卒業予定の小林千鶴さん(写真:OH! HAPPY MORNING)

前回の放送では、家庭の教育力を向上する5つのポイントをご紹介しました。

1 家の中でもできるだけ文章で話す

2 簡単に答えを与えない

3 没頭していたらそっと見守る

4 失敗を褒める

5 手本を見せる

でした。

今回は、親としての究極の心構え2つを紹介したいと思います。

1 ありのままを認めれば子供は決してねじ曲がらない

2 結局親は無力である

まず1つめ。

何年か前に、トークイベントで登壇したときに、ある有名私立高校の教頭先生がこういう話をしてくれました。

「この子すごいな、この子どんなふうになるんだろうな、と見てくれる大人がまわりにいることが、子供を育てるんです。認めてくれる大人がいることが、どれだけ子供にとって心強いかと思いますので、励まし続けてあげてほしいと思います。もちろん少年の関心は変わります。変わったときにまたその変化を、認めてあげてほしい。それをまわりの大人がありのままに認めてあげることができれば、子供は決してねじ曲がらない。私はそう思っています」

大人の価値観で、あれをやりなさい、こうなりなさい、というのではなく、ありのままの子供のなかに、「この子すごいな」と思える部分を見出したり、「この子どんなふうに育っていくんだろう」という期待をもったりしてあげることが、子供をいちばん生き生きさせるということです。これは私の尊敬する多くの先生たちが異口同音におっしゃることです。

「ありのままを認める」というのはとても抽象的で、実際にやるのは難しいのですが、「一見ダメそうに見える子供の言動の中にも、必ずいい部分があるはずだ、そこを見てあげよう」という気持ちになってみることから始めてみてください。いたずらや失敗の中にも、子供のチャレンジ精神や、自分で考えてみたアイディアがあるんです。そこに目を向けてあげることを、失敗を責めることよりも大事にする。そういう心構えで、子供を見守ってあげてください。

よく子供を見ていると、「ママ、いま僕、こんなことできたよ! 見てた?」っていうメッセージを、投げかけてくることがあります。ちらっとアイコンタクトしてくるような、言葉にならないメッセージです。そのときに「うん、見てたよ、すごいね」というメッセージを返してあげる。ママ自身が生き生きした目でアイコンタクトを返してあげるだけでいい。それだけで、子供は自信がもてます。生きる意欲が増して、目が生き生きしていきます。その積み重ねです。幼児期だけでなく、思春期になってもそこは同じです。

ある高校の校長先生は、「小さいころはたくさん抱きしめてあげてください。思春期になったら手を放して抱きしめてあげてください。そうしたら、子供は勝手に巣立っていきますから」とおっしゃっていました。手を放して抱きしめるって、その子のすべてを抱きしめるということです。まさに、ありのままのお子さんを受け入れるってことなんです。

2つめ。「結局親は無力である」。

「あなたのため」と思って、親は子供にいろんなことをします。でも親のエゴが強すぎると、「あなたは私がいないと何もできない子」というメッセージを与えることになってしまいます。そうすると子供も「自分はダメな人間なんだ」と思ってしまいます。「あなたのため」は呪いの言葉なんです。

これは虐待などから子供を守るシェルターの職員さんが教えてくれたことです。教育熱心すぎる親に育てられ、追いつめられ、生きる意欲を失いかけた子供の絶望的な話を聞いて、ただいっしょにオロオロすることしかできなかったそうです。でもそうしたら、その子が、「子供の話をこんなに真剣に聞いてくれる大人がいるなんて、知らなかったよ」と言って、絶望の淵からほんの少し立ち直ってくれたそうです。

そのときにその職員さんは、「子供が求めているのはこれなんだ。大人の役割は解決策を提示することではなくて、いっしょにオロオロしてあげるだけでいいんだ。そうすれば子供は自ら立ち上がるんだ」と初めてわかったそうです。

子育ての究極の目標は、子供が親を必要としなくなることです。つまり、親をどんどん無力にしていくこと。それが子育ての本質なんですね。

子供は親の思ったとおりには育ちませんが、その子なりには必ず育つ。親がよほど余計なことをしなければ。

いままでたくさんの専門家や教育実践者の先生方の話を聞いて、これが私のファイナルアンサーです。

小林さんのお子さんは、きっと小林さんにとって最高のお子さんです。そして小林さんは、お子さんにとって、きっと最高のママです。絶対にそうです。僕が保障します。他人から見ていい子かどうかとか、良い母親かどうかなんて、関係ないんです。そのことを忘れないでください。

小林さん、いままでありがとうございました

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  2. 2

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  3. 3

    中国相手に香港問題 河野氏称賛

    やまもといちろう

  4. 4

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    連日のあおり報道許すスポンサー

    いいんちょ

  7. 7

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  8. 8

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  9. 9

    東京湾汚水 五輪までに浄化可能?

    AbemaTIMES

  10. 10

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。