記事

NGT48騒動で総合プロデューサーの秋元康氏は責任逃れ!

BLOGOS編集部

「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい…」

AKB48の姉妹グループで新潟を中心に活動するアイドルグループ〝NGT48〟のメンバー山口真帆(23)が、暴行被疑事件に関してグループの運営会社「AKS」の対応に反論したツイートが新たな騒動へと発展している。

騒動のキッカケについては、すでに記してきたので、ここでは割愛するが、それにしても、事件が発覚してから3ヶ月が過ぎている。運営側は非を認め、担当者を入れ替え、さらに「第三者委員会」(委員長・岩崎晃弁護士)まで立ち上げて対処してきたのだが、なぜか運営側の対応はグダグダの状態だ。

記者会見が本人ツイートで大混乱

そんな中、運営側は3月22日に新潟市内で、その第三者委員会とやらの調査報告書の説明会見を開き、松村匠AKS取締役兼運営責任者やNGT48の早川麻依子劇場支配人、岡田剛副支配人らが出席して説明した。

それによると、事件の発端となったマンションが短期間の賃貸マンションだったことから、ファンも住める環境にあったことは今回の事件後に初めて知ったとし、改めてセキュリティの不備、さらには山口を含むメンバーとのコミュニケーション不足、対応の鈍さがあったと説明、今後はスタッフの増員などで運営に対応していくことを明らかにした。

事件後のメンバーのケアについても十分ではなかったとしたが「1日も早く本人が戻って来られるようにしたい」と、グループの立て直しを図る意向を示していた。その一方で、ファンとの私的交流が認められたメンバー12人については、「事件そのものにメンバーが関与した事実はなかった」とし、不問とした。

その説明会見が始まってから35分が過ぎた時だった。会見について山口がリアルタイムにTwitterを更新し、反論のツイートを書き込み始めた。「山口は会見の模様をネット中継で見ていて、いたたまれなくなったのではないでしょうか」(芸能記者)。

記者会見中に山口真帆さんのツイートを確認するAKSの松村匠取締役(左)ら:共同通信社

山口は1月10日にNGT48劇場で行われた公演に出演し、謝罪したことについて「松村取締役に謝罪要求された」と暴露ツイートした。それも謝罪文章は松村取締役が考えた文章だと、その文面まで公表したのだ。これには松村取締役も言葉を失い「強要はしていない」「私がアレしたものではない」などと答えるのが精一杯だった。

また、山口は松村取締役が「つながっているメンバーは全員解雇する」と約束していたことも明かしたが、その「つながり」について、松村取締役は「街中で挨拶されて、返答するようなことも含まれ、(処分の)線引きが難しかった」とし、処分する証拠が見つからなかったと山口に伝えていたという。

しかし山口は「挨拶も含まれるというのは勝手な解釈」と反論、その上で「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいた」と言い返されると松村取締役は「僕の認識してしまったこと」と発言の一部を訂正する事態に追い込まれてしまった。

それにしても、会見がリアルタイムでの断続的なツイートによって混乱するということ自体が前代未聞の出来事だろう。「運営とメンバーとのコミュニケーション不足を露呈した」という声もあるが、ネット時代のタレント管理の難しさを露呈した。

今回のことで大きな問題なのは、運営側と山口との間で全く意思の疎通がなされていなかったことだ。しかも、この事件を曖昧に終わらせようとした運営側の〝思惑〟がミエミエだった。運営側はコトの本質を後回しにして県やスポンサー、地元放送局、関係会社、そして世間体だけを見てグループの立て直しを図ろうとしたのだろう。これは明らかにリスクマネジメントの欠落である。

AKBグループの責任者は秋元康氏ではないのか

今回の騒動で未だにハッキリしないのは、NGT48の真の「責任者」である。運営会社のAKSや、松村取締役、さらには第三者委員会などが挙がったが、どうも動きが鈍すぎる。そう考えると運営側と山口を含めたメンバーとのコミュニケーション不足という以前に、運営側の中でのコミュニケーションが出来ていないと考える方が自然だろう。

結局、NGT48を含めAKB48グループの総責任者は〝総合プロデューサー〟を公言する秋元康氏、その人なのである。要は、事件発覚以降、全く秋元氏が出て来ないのが、そもそもの問題なのではないか。

おそらく、秋元氏に「出て来て下さい」と言える人間が誰もいないのだろう。秋元氏ばかりか、運営やスポンサーを裏で仕切る大手広告代理店の「電通」も知らん顔。ま、松村取締役は「お前の責任で解決して来い。こっちに責任を向けるんじゃないぞ」なんて指示されているに違いない。

以前も書いたが、今回の騒動は最初から秋元氏が前面に出て来ていれば、ここまで大事にならずに済んでいたかもしれない。それを〝忖度忖度〟で終わらせていたことが、事態を深刻化させたことは明白だ。ところが未だに運営側どころか、マスコミからも秋元氏の名前が出てこない。実に不可思議である。

そもそも、松村取締役をフジテレビから引き抜いて来たのも秋元氏だっただけに「何かと都合のいい御仁だった」に違いない。それにしても常識で考えて、運営側どころかメンバー同士でも不信感が漂い、混乱しているグループで、平然と「総合プロデューサー」を謳っている秋元氏ってなんなのだ!

だいたい、NGTとは縁もゆかりもない指原莉乃がコメントしたところで、あるいはガス抜きにはなるのだろうが、騒動を解決する上では何の意味もないだろう。とにかく、秋元氏に自覚がないのか無責任という以外ない。

思い起こすと、3年前には欅坂46がハロウィン・コンサートの衣装でナチス・ドイツの軍服に似たコスチュームを着用したことで、米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」から抗議を受けたことがあった。「衣装にはタッチしていない」というのだが、歌と衣装は一体となっているもの、総合プロデューサーである秋元氏が「知らなかった」というのは理解に苦しむ。

要は「金にもならない面倒なことには関わり合いたくない」ということだろう。そういった意味では、今回も同じ。それにしても、これで「総合プロデューサー」なんて言っていることに虚しく情けなくならないのだろうか?

中止になったAKB総選挙

さらに、今回の騒動で恒例だった「総選挙」も中止することになった。これは当然だろう。2年前に沖縄で総選挙を開催した際は悪天候でドタバタした挙句、河野太郎外相からも苦言を呈された。昨年は、名古屋のナゴヤドームで行われたが、これについても「開催会場がなかなか決まらなかった」なんていう声もあり、ここ数年、ファンを巻き込んでのイベントも苦慮していたようだ。

確かに、一時は「経済効果何百億」とか言われたが、今回のNTG騒動で、ファンとの「つながり」や「組織票」などが一気に噴出し、今更ながら「総選挙のイメージが悪くなった」ということかもしれない。

「CDシングルの売り上げを伸ばすだけのために、メンバーやファンを煽ってイベントを盛り上げて来たわけですが、実態は秋元氏の印税稼ぎでしかなかった」(音楽関係者)。

秋元氏は、AKBを足がかりに、来年の「東京五輪」でも総合プロデューサーという肩書きを狙って安倍晋三総理に近づいていたとも言われるが、さすがに、これは幻となった。さぞやショックだっただろう。どうやら「東京五輪」を裏で仕切る森喜朗元総理の意向があったとも言われているが、正直言って関わることがなくて良かったというしかない。

いずれにしても、NGT48については、もはや解体するしかない。地元関係者は、
「ご当地アイドルと言っても、メンバーには地方出身者が多いですからね。今回、新潟県が広告契約を保留したり、あるいはラジオ番組やイベントでの出演を見合わせる事態になっていますが、実は結成当時から地元では盛り上がっていませんでした。正直言って〝Negicco(ねぎっこ)〟の方が〝ご当地アイドル〟としては愛されていましたからね」。

松村取締役は「グループの立て直し」を明言しているが、秋元氏が知らん顔している中では、もはや無理というもの。しかも、この流れは今後、グループ全体に波及していくに違いない。これはAKBグループの終焉だとも言えなくもないが、これが国民的アイドルと言われる〝AKB 48グループ〟の実態とは…。

あわせて読みたい

「NGT48」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    音喜多氏 朝生出演で未熟さ痛感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  7. 7

    CSの大欠陥を証明した西武敗退

    幻冬舎plus

  8. 8

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  9. 9

    米に抵抗 日本の失敗に学ぶ中国

    澤上篤人

  10. 10

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。