記事

佳子さま卒業に水差す「小室家」話し合いも進展ゼロ

写真:JMPA

「元婚約者の代理人という方からは、3月14日に一度事務所へ伝言があったきりで、こちらから連絡はしていません。弁護士資格がない方が、代理人を名乗れるのでしょうか」(小室圭さんの代理人弁護士)

 秋篠宮の次女・佳子さま(24)が22日、国際基督教大学の卒業式を迎えられた。さらに、卒業後は就職や進学はせず、公務にご専念なさることを発表。祝福ムード一色かと思われたが……やはり注目が集まったのは、姉・眞子さま(27)の結婚問題だった。

 佳子さまは、眞子さまのご結婚について、「当人の気持ちが重要」「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」と、お考えを明かされたのだ。皇室ジャーナリストが語る。

「2018年の婚約延期発表後、眞子さまは体調を崩され、医師の診察を受けられたこともありました。ですが、佳子さまが夏に留学から戻っていらして、体調がご回復されたんです。

 よき話し相手として、眞子さまを支えられたのでしょう。眞子さまや秋篠宮家に対する国民の心配を和らげたいという思いから、今回かなり踏み込んだ回答をなさった印象を受けます」

 だが、「小室家」をめぐる金銭トラブルには、解決のきざしが見えないままだ。小室圭さん(27)の母・佳代さんの元婚約者・A氏が立てた代理人はフリーライターのX氏。彼について、圭さんの代理人弁護士は冒頭のようにコメント。

 一方のX氏は、「連絡先は伝えました。こちらは法的な交渉をしようと思っていないので、弁護士資格は必要ないと思っています」と反論。代理人同士の話し合いすらままならない。X氏が代理人についたことは、「圭さんも知っている」(代理人弁護士)という。

「眞子さまのため」を思い、この日を迎えられた佳子さま。その思いは誰よりも強いのだが。

(週刊FLASH 2019年4月9日号)

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  7. 7

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。