記事
  • 東龍

カフェハラとは何か? 怒れるカフェインハラスメントへの強い違和感

2/2

断るのもマナー

食品中のカフェイン - 食品安全委員会によると、健康な成人に対する悪影響のない1日のカフェイン最大摂取量は400mgとされており、コーヒーではマグカップ3杯分の237mlに相当します。

件のように訪問先で提供されるコーヒーくらいであれば、紙コップ1杯なので100mlからせいぜい150mlのボリュームとなるでしょう。

提供されたものを飲み終えた方がよいことは確かですし、これくらいの分量であれば飲めるようにも思えます。しかし、カフェインへの感受性は個人差によるところが多いので、飲めなくても仕方がないでしょう。

接待でどこかのレストランに訪れているわけではなく、打ち合わせで訪れているのです。事務的に提供されたコーヒーを全て飲めなくても、相手に悪い印象を与えたり、契約が破断となったり、会社間の信頼感に歪みが生じることはないのではないでしょうか。

アルコールハラスメントでよく問題となる一気飲みとは異なり、コーヒーを飲むように強要されているわけはありませんし、コーヒー賞味会とは違ってコーヒーを嗜む集まりではないので、コーヒーに口をつけなくても場の雰囲気を壊してしまうことはありません。

全日本コーヒー協会の資料を参照してみると、日本のコーヒー需給表ではコーヒーにおける2018年の国内消費量が20年前より約30%も伸びていることを示しており、日本国内の嗜好飲料の消費の推移では、緑茶や紅茶の消費量が低迷していることを明らかにしています。

こういった状況を鑑みれば、コーヒーは日本で極めてポピュラーな飲み物なので、相手がよかれと思って一方的に提供してしまうのは、仕方ないと許容するしかないでしょう。

もしもコーヒーが飲めないのであれば、提供された時に伝えて、飲まないか変更してもらうかするのが、ビジネスパーソンとしての最適な解であるように思います。

飲食店でのカフェインハラスメント

飲食店でカフェインハラスメントが起こることはあるのでしょうか。

ファインダイニングではもちろん、カジュアルダイニングでも通常、コース料理でコーヒーが提供されます。

しかし、メニューに「コーヒー」「カフェと小菓子」と記載されていても、ほとんどの場合にサービススタッフが「コーヒーになさいますか。紅茶、ハーブティーもございます」と訊いてくれるものです。

私の身近にいるコーヒーが苦手な方は、コーヒーが苦手であることを伝えますし、そうでなくとも、コーヒーが無理に提供されたことはなく、紅茶やハーブティーを選ぶことができています。

フランス料理だけではなく、イタリア料理でも同様です。イタリア料理でも、エスプレッソもしくはカプチーノだけしか選べないということはなく、紅茶やハーブティーも選べるのが当たり前となっています。

場合によっては、フランス料理やイタリア料理をベースにしていたとしても、モダンであったり、フュージョンを謳ったりするところでは、最後に日本茶が提供されることもあります。カフェインが比較的多いコーヒーどころか、コーヒーよりもさらにカフェイン含有量が多い玉露や煎茶が出されることもあるのです。

飲食店では、ファインダイニングにとどまらず、食事の最後に提供されるドリンクにいくつか選択肢が用意されていることが多いので、コーヒーを強要されて困ることはかなり少ないのではないでしょうか。

複数提供

冒頭の記事最後では以下のように述べられています。

なお、投稿者が提案した「お湯を注いだカップにスティック状のコーヒーやお茶のティーパックを添えて、カフェインの有無を選択できるようしてほしい」との意見は、相手に手間をかけさせてしまうためマナーといえないとした。

出典:「来客にコーヒー提供」は「カフェハラ」? マナー講師の見解は...

確かに、ドリンクを提供する際にお湯だけが注がれたカップが置かれ、コーヒーのパウダーとお茶のティーバッグ(記事中ではティーパック)が添えられていれば、飲み手としてはどちらかを選択できるので便利でしょう。

しかし、選ばれなかった方はどうするのでしょうか。

飲食店などでは衛生面や安全面を考慮して、客に一度でも提供されたものは、他の客に提供することができず、廃棄することが一般的です。そう考えると、必ずどちらかは廃棄されてしまい、確実に食品ロスが生じてしまうので、非常にもったいないことになるでしょう。

また、たとえ提供されたものを廃棄しなかったとしても、提供者に用意したり戻したり管理したりする手間を掛けさせてしまうので、会社訪問の打ち合わせで行うサービスにしては過剰であるような気がします。

こういったことを鑑みると、飲み手に選択させる機会を用意するのであれば、複数の飲料物をテーブルまで持って行くのではなく、持参する前に尋ね、選んだものだけを提供するのが最適ではないでしょう。

食に関するハラスメントへの違和感

食に対する嗜好や感受性は非常に複雑です。

何でもおいしく食べたり飲めたりできることが最も望ましいかもしれませんが、アレルギーを有していたり、苦手な食材があったり、好きではない料理や飲み物があったりすることは少なくないでしょう。

カフェインが苦手な人にカフェインが強いものを無理に飲まそうとしたり、コーヒーが苦手な人に飲むことを強要したりすることは、暴力をふるうにも等しく、決してよいことではありません。

ただ、投稿者の状況であれば、インスタントで作ったのであれ、ミルで挽いてハンドドリップしたのであれ、コーヒーメーカーで淹れたのであれ、いずれにしても提供者は来客者のためにせっかくコーヒーを用意したのです。

コーヒーが提供された時に「カフェインに敏感なので、他のものをいただけますか」「コーヒーは苦手で、紅茶をいただきたいです」と伝えるのは重要なことではないでしょうか。

こういった食のコミュニケーションによって、相手のことをより知ることができたり、気軽な話のネタにつなげたりすることができます。

何でもかんでもハラスメントにしてしまえば、相手のために何もできなくなってしまうのではないでしょうか。

もちろん状況によりますが、ハラスメントであると叫ぶ前に、食の好みや嗜好、さらには、信条やスタイルを通して、お互いを理解しようとする姿勢が重要なのではないかと、私は考えています。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「カフェイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  3. 3

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  5. 5

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「人のせいにする」ことの大切さ

    紫原 明子

  7. 7

    グレタさんCOP25で西側政府糾弾

    ロイター

  8. 8

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  9. 9

    「勝ち組」競争に苦しむ韓国社会

    fujipon

  10. 10

    神戸限定で人気 子供バッグの謎

    清水かれん

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。