記事

平成31年度予算成立について【談話】


国民民主党政務調査会長 泉 健太

 本日、平成31年度予算が成立しました。

 今回の予算審議では『統計不正』問題が一つの焦点となりました。統計が、政府の政策と国民生活に深く関わるからです。
 雇用、給与、労働時間の変動を示す「毎月勤労統計調査」では、2018年の実質賃金が大幅増のように偽装され、「家計調査」では調査手法まで変更され、家計収支が改善したようにみせていました。
 経済情勢を正しく診断するはずが、体温計も血圧計も意図的に操作されていた。これでは正しい診断も対策も行うことは不可能です。その意味で平成31年度予算は、日本経済の処方せんとはならないのです。

 またこの予算は、消費税率引き上げを前提にしていますが、税率引き上げ対策の目玉、『ポイント還元』や『軽減税率』が、欠陥だらけの愚策であることは、我が党の委員会質疑でも明白になりました。
 高額商品のカード決済で、多額のポイント還元が行われてしまうなど、低所得者よりも高所得者に恩恵が届く問題。加えて、未使用のポイント分の補助金まで業者のもらい得になる、ポイント還元競争がデフレを招く、など問題点は枚挙にいとまがありません。このような中での消費税率引き上げには到底、賛成できません。

 防災対策は必要なものの、公共事業費が近年例を見ない15%超増、防衛費が過去最大を計上していることも問題です。歳出は101.5兆円と過去最大で、今回も国債発行は30兆円を超えます。精査不十分の予算は認められません。

 こうしたことから、国民民主党は平成31年度予算に反対いたしました。国民民主党は、統計不正が再び起きぬよう、国会による監視機能強化を含め行政の改革を訴えています。
 同時に、物価が上がるだけのアベノミクスに多くの国民が苦しむ実態を踏まえ、国民民主党は国民生活を元気にする政策の実施にむけ、全力で働いてまいります。

以上

あわせて読みたい

「国家予算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  3. 3

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。