記事

「うるさい患者ほど治りやすい」かかりつけ医と薬局が重要

市販薬を買う際も、薬局で相談するのがいい(写真/PIXTA)

薬ののみ合わせには注意が必要だ

 病気を早期発見するためには、症状を気軽に相談してアドバイスをもらえるような、かかりつけ医の存在が強い味方になるが、薬ののみ方については、かかりつけの薬局をつくるのも必要だ。薬の重複やのみ合わせに気づきやすくなると薬剤師の堀美智子さんは言う。

【表】気をつけるべき飲み合わせ一覧

「眼科、内科、整形外科と別々の病院に通うから、各病院の医師が何をのんでいるのか全体を把握できていないことがあります。薬の情報は一冊のお薬手帳にまとめる。できれば、同じ薬局に行くようにしましょう」

 なかには、複数の薬局に通っている場合、薬局ごとにお薬手帳を変えて何冊も持っている人がいる。

「高齢者に多いのですが、自分でも管理しきれなくなるので、やめた方がいい。どの病院に行っても同じお薬手帳を医師に見せれば、『この薬を使っているなら、この薬は出さない方がいい』と判断できるはず。市販薬を買うときも、お薬手帳を持って薬局スタッフに相談すべきです」(堀さん)

 新田クリニック院長の新田國夫医師はかかりつけの薬局とともに、かかりつけの医師を持つことを強くすすめる。

「専門医は自分の専門領域でのみ、患者を診察するため『今のんでいる薬は治療に必要だ』と言うでしょうし、専門外の病気でのんでいる薬はおそらく減らせない。求められるのは、その人の生活を含めて全体を見てくれる、かかりつけ医の存在です。個人の状況に応じて不必要な薬を判断し、患者と相談することで最小限にすることができるでしょう」(新田さん)

 アメリカでは、患者が医師に相談するのは当たり前だという。

「アメリカ人は不必要な薬はのみたくないと主張する人が多い。そのため、医師に処方された薬の必要性について質問します。セカンドオピニオンも当たり前。日本人は医師の指示に受け身で、セカンドオピニオンも少ない。自分の薬のことはもっとたくさん質問や相談をすべきです」(アメリカ在住の医師・大西睦子さん)

 堀さんは、「うるさい患者さんほど病気が治りやすいというデータもある」と言う。

 クスリがリスク化をしないために、まずは「物言う患者」になることから始めたい。

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

あわせて読みたい

「健康」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  5. 5

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  6. 6

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。