記事

文章書く時のTPOと、皆さんから寄せられた気持ち悪い言い回し例が面白すぎる

1/2

本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと108円ですが年間のマガジンだと3980円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

 1 Amazonベスト100レビュアーはどんなビジネスになる?
 2 昨対比30%の成長率で会社は存続できるか
 3 アニソンDJの今後の展開は
 4 自分に向いている仕事を見つけるには
 5 管理部門のKPI設定はどのようにすべきか
 6 出張パソコンサポート業の効果的な集客方法

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

昨日書いたこちらですが・・・公開時間が遅くなった割には地味に読まれています。


なので本日はこの続きを書きたいと思います。

口語体と文章、そして文章もTPOによって異なる

まず、口語体は相当に時代によって変化する。
もともと「ら抜き言葉は江戸の方言だった」とニコニコ大百科には書かれていたが、それはフェイクで大正時代に生まれたと金田一秀穂先生も仰ってます。一般的に口語では使われているので、自分も普段の会話で使う分にはそれほど問題ないと思うわけです。

ただ、これを正式な文章やメールなどに使うと「気持ち悪い」と感じる人が多数いる。だからTPOをわきまえることが大事。未来の客が読むかもしれない会社のサイト、お客さんに出すメール、パンフレット、企画書、エントリーシートなどにはきちんとした正しい日本語を使うのが必須。親しい友人同士なら「ら抜き」だろうが「毛抜き」だろうが「LINEスタンプのみ」だろうが好きにしたら良い。繰り返すとTPOが大事なのです。TPOをわきまえないからバカに見えてしまうわけです。

本当に正しい日本語が分からないケースではただのバカと言わざるを得ない。※いわざるおえない、ではないので後述

ちなみに昨日のブログは「お前のブログの口調が荒い」とかいうクソリプが数人から来たが、これもTPOだ。いつも書いてるようにこのブログは好きで書いてるエッセイであり、無料で公開だから見たくない人は見ないでいい。ブログの口調はその人なりのスタイルが大事で、誰が書いているかわからないものでは印象に残らない。いまエントリー数は2237だが、自分はこのスタイルで行くと決めているだけだ。文句は言わせん。

その昔はコピーライターもやってて某N産とか外車メーカーの広告やパンフレットコピーも書いていたけど、そういうときにこんな口調で書くわけないだろ。本の執筆依頼もほぼ断ってるのは面倒くさいこともあるが同じような理由もある。たま〜に趣味で宣伝コピーみたいなのを書く時にはマジでクールな文体でも書いているんだぞ。こっぱずかしいので公にはしていない。

さて、寄せられた「気持ち悪い」ものの例が面白かった。

自分も
来れる
考えれる
見れる

みたいなのは喋る分にはいいが、メールできたらけっこう引きます。教養無さそうで・・・・・
言うを「ゆう」というのもバカっぽくて気持ち悪い・・・これは完全に口語で、口では「いう」って発音しないからそのまま文字にしてるわけ。

当社で外部の校閲として仕事をお願いしている木村さん。元国語教師。

あわせて読みたい

「日本語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  2. 2

    韓国客減る対馬 土地買収は続く

    NEWSポストセブン

  3. 3

    芸能人不倫叩きに感じる恐ろしさ

    いいんちょ

  4. 4

    湖北省からの入国者を拒否せよ

    赤池 まさあき

  5. 5

    定年延長で40・50代リストラ加速

    NEWSポストセブン

  6. 6

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  7. 7

    北の新設タワマンに倒壊説が浮上

    高英起

  8. 8

    終電2時間延長 大阪の実験が残念

    木曽崇

  9. 9

    スマホばかり見るのは依存症か

    永江一石

  10. 10

    東出の不倫に女性が激怒するワケ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。