記事

3社に1社が「期待外れ」 ~ 公的年金が東証改革を遅らせる?

「投資家が求める収益性の最低ハードルを満たしていない『期待外れ』の企業が全体の3分の1を占める」(26日付日経電子版「東証1部企業、3社に1社『期待外れ』

そうした日本株に公的年金(GPIF)は約36兆円(2018年12月末時点)、日本銀行は約24.6兆円(3月20日時点)、気前よく投資している。政府やGPIFが繰り返していた「分散投資」とは、「期待外れの企業にも投資する」ということだったようだ。

投資先に資本コストのノルマを設定しない気前良い資金が大量に市場に流れ込んでいることも「期待外れ」の企業を増やしているといえる。

東証の改革によって、欧米のように「赤字が続く低収益企業は買収されたり、倒産したりして市場から去って行く」仕組が出来上がれば、公的年金資金に大きな打撃を与えることは必至。公的年金を投入してしまったことで、東証改革もままならない事態になっている。

あわせて読みたい

「東京証券取引所」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  2. 2

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  3. 3

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

  4. 4

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  5. 5

    YOSHIKIスカーフ騒動 英で笑いに

    小林恭子

  6. 6

    内田樹氏 日本人は対米従属に

    内田樹

  7. 7

    宮迫博之を干す世論のいじめ行為

    岩田健太郎

  8. 8

    米大統領 日韓対立の解消支援へ

    ロイター

  9. 9

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  10. 10

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。