記事

特養で介助中の事故 准看護師に有罪は衝撃

長野県安曇野市の特別養護老人ホーム「あずみの里」で、2013年12月に、入居者の女性=当時85歳=が、おやつのドーナツを食べた後に死亡した事故で、注意義務を怠ったとして業務上過失致死罪に問われた松本市の准看護師山口けさえ被告(58)の判決公判が、昨日25日、地裁松本支部であり、野沢晃一裁判長は、求刑通り罰金20万円の有罪判決を言い渡しました。

弁護側は、判決を不服として即日控訴しました。介護施設での食事中の事故について、職員の刑事責任が問われた裁判は異例で、全国の福祉、医療関係者の注目を集めてきた、ということです。

県内の介護、医療関係者でつくる支援団体は、無罪判決を求める署名約44万5千筆を同支部に提出していました。このように刑事訴追されると介護現場を担う職員は委縮し、ただでさえ不足している職員への応募が減ることが心配されています。

争点になっていたのは、女性が食べ物をのどに詰まらせないよう注視したり、おやつをゼリー状の形態で提供したりする義務が被告にあったか、またドーナツによって窒息したかなどでした。野沢裁判長は、異変に気づく程度の注視を求めるのは困難だった、として注視義務違反については、検察側の主張を退けました。

一方、おやつの形態については、事前に固形からゼリー状に変更されていたことについて被告がチェックする業務態勢になっていなかったという弁護側の主張に対して、引き継がれた申し送りなどの記録に遡って確認したり、介護士に聞いたりして、変更の有無を確認すべきであったと過失を認定しました。

最善の注意をひとりひとりの入居者に払うことは、べき論としては、そのとおりですが、私も親族の介護施設などで見ていても、実態は、介護職員が足りず、そうはできないのが現状です。安全な環境を作る責任は、施設責任者にあるので、1人の職員に有罪の判決というのは、違うのではないでしょうか。

厚生労働省の調査では、全国の特養と老人保健施設で、2017年度の1年間に、転倒や誤嚥などの事故で死亡した入所者は、少なくとも1547人(速報値)ということです。介護職員は、他の職種より平均給与が10万円以上も低い月27万円余りで、退職者も多く、人材不足が深刻な状態です。

4月から受け入れが拡大される外国人労働者では、5年間で介護で6万人を受け入れる予定です。介護職員は、2025年までに33万7千人増やさなければならない、とされています。

確保が見込める都道府県は一つもない状態で、今回のような、介護職員個人の刑事責任を問う異例の裁判で、有罪判決がでたことは、衝撃をもって受け止められています。控訴したのは、当然のことだと思います。

国の政策として、消費増税の2段階目である8から10%の値上げ分で、当初は介護職員などの処遇を改善し、質を確保することになっていたのを、安倍政権が値上げを先送りし、増税の使い道も変えてしまっていることは問題です。

国として、介護職員の処遇を改善し、人材を確保することが第一で、個々の介護職員に責任を負わせるのは、酷な話だと思います。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  3. 3

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  6. 6

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  7. 7

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  8. 8

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

  10. 10

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。