記事

マツコ「表に出ない無賃労働をちゃんとケアしてあげないと」 4月からの働き方改革、残業規制に苦言

マツコ・デラックスさん

タレントのマツコ・デラックスさんが3月25日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で「働き方改革によって生じる無賃労働」について苦言を呈した。

政府が進める働き方改革は、この4月から罰則規定のある残業規制が始まる。多くの企業で働き方が大きく変わるとされており、番組では同日の日本経済新聞が特集した「働き方改革が職場の雰囲気や給料にどう影響するのか」の記事を紹介していた。(文:okei)

「だってそうしないとギャーギャーギャーギャー労基がうるさいからさ」

番組はこれを元に「この4月からあなたの働き方は変わりますか?変わりませんか?」を視聴者へ生投票を募集。マツコさんはどうか聞かれると、「私はもう、何も変わらないですよね個人的には」と気のない調子で口を開いた。

ふかわりょうさんが「4月というと番組改編とか色々ありますけども、スタッフの動きとかどうでしょう?」と聞くと、マツコさんは「ADは増やしてるわよね」とコメント。

株式トレーダーの若林史江さんが「ほんとだ、すごいいっぱい」と呟いたことで、番組のスタジオにもいつもよりたくさんのADがいることがうかがえた。働き方改革で残業ができないため、人数を増やすことで対応しているようだ。

この状況にマツコさんは、「ただ、ディレクターだったりプロデューサーだったりは、残業がつかない無賃労働をいっぱいすることになるんだと思うよ」と苦笑い。

「だってそうしないとギャーギャーギャーギャー労基がうるさいからさ。みんな表に出さない労働をいっぱいやるはめになるわけじゃない。だからやっぱりその辺をちゃんとケアしてあげないと、働きたくて働いてる人は、『じゃあ働きたいんだったらそこら辺はもう無賃労働でお願いしますね』っていうのはどうかなと思うんだよね」

と、苦言を呈した。確かに、長時間労働を是正するための改革のはずだが、マツコさんの言うように形ばかりで余計に負担を増やす危険性もある。

あえて「サービス残業」と言わず、「無賃労働」と強調

マツコさんは、「サービス残業」という言葉は使わず、あえて重い口調で「無賃労働」と何度も言い切っていた。生活残業代を稼いでいた人にとっては死活問題だが、働きすぎも規制しなくてはならず難しい問題だ。

ただ、番組プロデューサーたちの働き方は、マツコさんから見ていかにも無理があるのだろう。指摘はもっともである。なお、投票の結果は、「変わる」が2748ポイント、「変わらない」が8949ptと変わらない人が圧倒多数だった。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  4. 4

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  6. 6

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  7. 7

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  8. 8

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  9. 9

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

  10. 10

    小沢氏は国民民主で役に立たない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。