記事

和田アキ子、LINEで秋元康に卒業伝えた指原莉乃を疑問視


 和田アキ子が、3月24日放送の『ピンポイント業界史』(テレビ朝日系)で、日頃感じる怒りをぶちまけた。

 まずは「四六時中スマホを触る女」に怒りを見せる。なかでもトイレでスマホを触って、なかなか出てこない女性に納得できないという。「ノックしたら話し声が聞こえた」と個室内で電話する人もいた。あるとき、映画館の洗面台でとかした髪を放置して出ていった女性がおり、「追いかけて、呼び戻して掃除させた。みんなで使うものだから」と怒り心頭に発していた。

 そんな和田についてカンニング竹山は、「アッコさんのトイレは本当に早い。20秒。俺たちの間では『立ってやってるな』って」と明かす。

 さらに和田は「夫が(プロ野球の)巨人が好きすぎて困っている」と話す。夫は各局のニュース番組をはしごして、「結果は全部一緒。1回見たやろ」と怒る。一方で、「テレビで巨人戦やっているよ」と教えると、夫は「負けてるからいい」と自分勝手すぎる振る舞いにも迷惑しているという。

 最後に、「当たり前の挨拶ができない若者」にもダメ出し。スタイリストがメール1通でやめたいと言ってきたという。事務所のカギも貸しているようなスタイリストで、スタッフを通じてそれを直接返すように伝えたが、「郵送します」と一切会いに来なかったという。和田は「楽屋に挨拶に来られたら、私は誰でも立って挨拶する。でも、その子は『オイッス!』みたいな感じだった」とクレーム。

 最近の若者は「何でもLINEで済ます」という話になると、MCの指原莉乃は「私もLINEで秋元(康)さんにグループの卒業発表を伝えた」と怯えながら告白。和田は「私はあきもっちゃん(秋元康氏)にLINEで卒業しますなんて言えない。事務所の前で待って、直接言いに行く」と持論を述べて、指原をヒヤヒヤさせていた。

「私の時代にLINEはなかった。笑う絵文字をつけても、本当に笑っているのかわからない。私は声を聞きたい!」と話し、世代間のギャップが浮き彫りになっていた。

 和田は、「ゴッド姉ちゃん」として番組の趣旨に合わせた怒りを次々に語ったが、『ピンポイント業界史』は今回をもって終了。4月7日からは同じく今田耕司、指原のコンビで『いまだにファンです!』がスタート。芸能人と長年のファンが共演して秘話を明かす番組で、こちらにも和田が登場するのか注目だ。

あわせて読みたい

「マナー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  3. 3

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

  4. 4

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  5. 5

    シンガポールで面白自販機が増殖

    後藤百合子

  6. 6

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    来日した韓国議員団の反日言行録

    NEWSポストセブン

  8. 8

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    増税こそリーマン級不況生む恐れ

    自由人

  10. 10

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。