記事

データ活用なしに医療崩壊は止められない

1/2

急速な少子高齢化で、医療介護分野の「カネ」と「ヒト」の不足が深刻化しつつある。どうすればいいのか。日本総研の翁百合理事長は「医療情報のIT化に対する不安を払拭し、データ利活用できる基盤を早急に実現する必要がある」と指摘する――。

■医療介護分野は「カネ」も「ヒト」も不足

団塊の世代が後期高齢者となる超高齢社会の入り口2025年が迫ってきている。こうした中で、社会保障の持続可能性が問われているが、医療介護分野は2つの不足に直面している。

IT投資の初期コストが医療機関には負担となっている(※写真はイメージです。写真=iStock.com/Casarsa)

1つ目の不足は「カネ」である。既に、国民医療費は40兆円を超え、医療の高度化と高齢化から、今後も増加が見込まれている。特に75歳以上の後期高齢者医療保険制度は、その財源の9割以上を現役世代の保険料と税金でまかなっており、このまま手をこまねいては、現役世代は負担に耐え切れなくなってしまう。

もう1つの不足は「ヒト」である。2025年から40年までの局面は、生産年齢人口16.6%減少と激減する。介護人員の不足は25年には37万7000人、30年には79万人と予想されており、今後認知症患者が増えるとこの問題は一層深刻になる。

■データ利活用はどのような効果があるのか

実は、こうした医療介護をめぐる社会的課題に対する解決のカギの1つとなるのが、医療データの連携、活用とAIなどによる分析、センサー、ロボットなどの技術革新である。

健康管理を行き届かせて医療も発展させ、健康寿命を延ばすことにより、高齢者も生き生きと働き、生活を楽しみ、社会の支え手になってもらうことが期待される。一方、高齢化で心配される医療費増大に対しては、その無駄を削減していく必要があるし、医療現場の働き方改革も実現する必要がある。これらにさまざまな医療関連データの分析や技術革新は効果を発揮する。いくつかの具体例を見ていこう。

■呉市の国保はレセプト分析で年間億円単位の医療費を節約

近年患者のレセプト情報、健診情報などを分析して、企業の健康保険組合(健保)や国民健康保険(国保)などの保険者が、加入者の健康増進に向けた行動変容を促し、医療費の管理に取り組む動きが広がっている。

たとえば、広島県呉市の国保が、早くからデータホライゾン社と組み、レセプト分析を活用していることはよく知られている。レセプトを分析することで、生活習慣病の対象者を特定し、重症化予防に向けた受診勧奨、メタボと診断された後の特定健診の受診率引き上げ、重複服薬対象者指導などの取り組みにより、健康増進と医療費の適正化に成果をあげているのだ。

具体的には、糖尿病性腎症等重症化予防プログラム(図表1)により、血糖コントロール目標は対象者の約96.6%が維持改善している(平成26年度)。また、価格の低いジェネリック(後発医薬品)の使用促進で約2億4000万円(平成27年度)、頻回受診者訪問指導で1億4500万円の医療費削減効果があがっている。

呉市の糖尿病性腎症重症化予防事業〔資料=呉市資料(平成29年10月)より引用〕

また、健康保険組合が事業者と組んで、従業員が自分の健康関連データをスマホなどで確認できるPHR(Personal Health Record)をサポートし、健診結果や日常の個人の歩数情報等と結びつけ、健康増進を促すサービスも広がりをみせている。たとえば、DeSCヘルスケア株式会社KenCoMのサービスは、健康データをAIによる分析で個人に合った健康関連情報を提供し、ポイントをためて楽しみながら健康を意識した行動変容を促している。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  2. 2

    資産50億円トレーダーの手口告発

    文春オンライン

  3. 3

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  4. 4

    ジャニー氏の搬送先に中居ら集結

    文春オンライン

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    山本太郎氏 自民めぐる発言釈明

    山本太郎

  7. 7

    広告コピーで炎上 呉服店が釈明

    キャリコネニュース

  8. 8

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  10. 10

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。