記事

米ボーイング、737MAXのパッチを無料配布へ


[シアトル/キガリ 25日 ロイター] - 米ボーイング<BA.N>は25日、「737MAX」型機の納入先に対しソフトウエアのパッチ(修正プログラム)を無料配布すると発表した。

昨年10月以降2件の墜落事故を起こした737MAXの調査では、このソフトウエアが焦点となっている。修正には各国政府の承認が必要となる。

米運輸省は25日、連邦航空局(FAA)の安全性認証プログラムを検証する外部委員会を設立することを明らかにした。

737MAX機を巡っては、10日にエチオピア航空の旅客機が墜落し157人が犠牲となった。同型機の墜落事故は昨年10月に起きたインドネシアのライオンエア旅客機に続き2回目。いずれの原因もまだ分かっていない。

エチオピア航空のテウォルデ・ゲブレマリアム最高経営責任者(CEO)は25日、「今回の悲劇にもかかわらず、ボーイングとエチオピア航空は今後も長く連携を続けていく」とし、「当社はボーイングを信頼している。同社は長年のパートナーだ」と述べた。

一方、ボーイングは世界の200人以上の航空機パイロット、技術専門家、規制当局者に対し、ソフトウエアや訓練の更新に関する説明会をワシントン州レントンで開始する。ここには同社の航空機工場がある。

ゲブレマリアムCEOはロイターに対し、同社からこの説明会に出席するかどうかは分からないと述べた。ライオンエアのマネジングディレクターであるダニエル・プトゥット氏は、27日にパイロットと技術者を1人ずつ送ると説明した。

737MAXはボーイング製航空機の売れ筋で、カタログ記載価格に基づく受注額は5000億ドル以上とみられる。

同社の株価は25日、パッチ完成が近づいているとの期待から前営業日終値比2.3%高の370.46ドルで取引終了。ただ、エチオピア航空機の事故後は約12%下落しており、時価総額にして290億ドルが失われた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。