記事

ゴーン被告退職後の報酬、日産社長が12年に承認=FT

[25日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)が、元会長のカルロス・ゴーン被告に対する退職後の報酬支払いに関する文書にサインしていたと、英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。

報道によると、西川社長が承認した2012年作成の同文書には、「名誉会長」の肩書でゴーン被告と10年間の契約を結ぶことが記されているほか、リオデジャネイロやパリ、レバノンの日産施設をゴーン被告が引き続き使用できるとされている。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。