記事

【東日本大震災から8年】園児を失った遺族が慰霊碑を被災現場近くに建立。語り継ぐ一助に 石巻市の私立日和幼稚園の園児遺族有志

1/2

 東日本大震災で、宮城県石巻市の私立日和幼稚園(震災当時:園児103人、休園中)の園児5人が亡くなった。遺族有志は、石巻市門脇町の被災現場近くに慰霊碑を建立した。慰霊碑には建立に賛同した遺族が、亡くなった園児の名前を入れた詩が書かれている。震災から8年目を迎える前日の3月10日、除幕式が行われた。遺族は、語り部活動はしているものの、「自分たちだけで伝えるのは限界がある」として慰霊碑を作った。後日、伝承看板も設置する予定となっている。風化が危惧される中で、悲劇を伝えようとする遺族の試みの一つでもある。

慰霊碑の除幕式

 慰霊碑は、門脇町内に設置され、園児らが発見された場所より、50メートルほど海側だ。2020年度に完成が予定されている「石巻南浜津波復興記念公園」近くでもある。土地は市有地で、無料で借り受けた。亡くなった園児のうち4人の遺族が賛同した。碑文は御影石で作られており、「あなたの笑顔にまた会いたい」という言葉も刻まれた。4人の園児の名前は裏側に刻まれている。

園児を乗せたバスは、津波警報が出ているなかで、海側に向かった

 日和幼稚園の園児たちの犠牲は裁判になり、和解となった。判決や遺族の説明によると、日和幼稚園は日和山(61.3メートル)の中腹にある。地震があったとき、園内に待機するか、避難するとしても、日和山の山頂へ向かえば事故は防げた。

 しかし、園では園児をバスに乗せ、津波警報が出ているなかで、海側に向かった。途中で引き取りにきた保護者もいた。そんな中で、避難のため「バスを上げろ」と園長から指示を受けた幼稚園教諭2人が、門脇小学校で停車していたバスに追いついた。指示は伝えたものの、バスは園児を乗せままま、動いた。

被災現場

 そして津波がくる中、運転手は園児5人と添乗員を残して、園に戻った。その後、運転手は園に戻ったものの、園長との間で、添乗員や園児の話にはなってない。春音ちゃん(当時6)の母、西城江津子さんは園に行くものの、バスの運転手は「あっちのほう」と被災地域を指差した。実際に運転手ばバスから逃げた場所とは違っていた。

 園児たちの死因ははっきりしないが、当日の夜、子どもたちの「助けて!」という声が聞こえたという証言もある。声の主は不明だが、園児たちの声という場合は、津波にのまれて死亡したのではなく、火災による焼死という可能性もある。そのため、遺族としては、園が早く捜索活動をしていれば、生きていたかもしれないとやりきれない思いだ。

遺族は「安全配慮義務を怠った」などとして園側を訴え。和解となる

 3月14日、再度、靖之さんと江津子さんは園に向かった。この日、ようやく、津波が引いて、捜索できる状況になったが、園側が園児や添乗員を探した形跡はなかった。火がくすぶる中で、靖之さんらは園児たちを捜索した。園長が指差した車内には遺体はなかった。

 近くの別の車を探していると、「幼稚園」と書いてあるワゴン車を見つけ、た。そこで、焼け焦げた子どもたちの遺体と対面した。そして重なるようにしていた大人の遺体を発見した。この大人の遺体は、昨年、身元が判明し、添乗員ということがわかった。園児の遺族は、園側に説明を求めていたが、納得しない。

日和幼稚園

 園児4人の遺族は「安全配慮義務を怠った」などとして園側を訴えた。仙台地裁の斉木教朗裁判長は13年9月17日、「巨大な津波に襲われるかもしれないと容易に予測できた」「園児は危険を予見する能力が未発達。園長らは自然災害を具体的に予見し、園児を保護する注意義務があった」とした上で、その注意義務を怠り、高台から海側にバスを出発させたことで被災を招いたとした。

 その後、園側が控訴し、仙台高裁(中西茂裁判長)で和解となった。和解には異例の「前文」がつけられた。

 「当裁判所は、私立日和幼稚園側が被災園児らの死亡について、地裁判決で認められた内容の法的責任を負うことは免れ難いと考える。被災園児らの尊い命が失われ、両親や家族に筆舌に尽くし難い深い悲しみを与えたことに思いを致し、この重大な結果を風化させてはならない。今後このような悲劇が二度と繰り返されることのないよう、被災園児らの犠牲が教訓として長く記憶にとどめられ、後世の防災対策に生かされるべきだと考える」

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  2. 2

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  9. 9

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    高収入の夫 変わらぬ古い価値観

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。