記事

【東日本大震災から8年】語り続ける夫婦。亡くなった子どもの無念さを伝える〜七十七銀行女川支店での悲劇

1/2

 東日本大震災から8年目を迎えようとしていた3月10日。宮城県女川町を訪れた。『町東日本大震災震災記録誌』によると、最大津波高は14.8メートル、最大遡上高は34.7メートルが記録された。町では死亡・行方不明者を合わせると827人(人口の8.26%)にもなる。その町で震災後から語り部を続けている夫婦がいる。七十七銀行女川支店で働いていた健太さん(当時25)を亡くした田村孝行さん、弘美さん夫妻だ。「この場所に来ないと落ち着かない」と言い、この日も大学生や観光客らに、津波のことや健太さんが亡くなる経緯などを説明していた。

風景は変わり続けるが、海の匂いや風は同じ

 「8年も経つと、風景は様変わりです。毎週少しずつ、変わっています。しかし、海の匂いや風は変わりません。復興?復旧作業の一部ですよね。それよりも、逃げる場所や体制づくりをしたほうがいい。観光客に慰霊する場所の案内表示もないし、避難場所もわからない。そういうことを含めて、ちゃんとしないといけない」(孝行さん)

 2人は自宅のある大崎市から通い、町の変化を見続けてきた。

 「被災地に行き、遺族の話を聞き、遺品を見てほしいと思っています」(同)

被災後の女川町の中心部

震災8年後

支店長が屋上避難を指示。健太さんは「高台に行った方が」

 健太さんは2008年4月、七十七銀行に入社。2010年3月6日、女川支店に異動となった。3月11日14時46分に地震が発生。当時、女川支店には14人の行員らが勤務していた。同55分、支店長が外出先から戻ると6メートルの大津波警報が発令されていた。支店長は高さ10メートルの2階屋上の避難を指示した。

 健太さんは「まだ時間があるし、高台に行ったほうがいいのでは?」と言っていたことが証言でわかっている。町の指定避難所は、海抜16メートルの堀切山だったが、結果として、支店長が判断した、避難マニュアル通りの屋上避難となった。ただ、屋上からは海を見ることができず、津波を確認することができなかった。

 派遣スタッフの1人は子どもを心配したために帰宅した。

 15時25分ごろ、地震発生から約40分後、20.3メートルほどの津波が銀行の建物を襲い、屋上を超えた。行員13人が流されたが、1人だけは生還した。ただ、12人が死亡または行方不明となった。震災から半年後の9月26日、約3キロ離れた海上で健太さんは見つかった。

白い建物が銀行ビル(11年9月11日)

遺族の一部が銀行を提訴したが、敗訴。「屋上は、想定されていた津波から避難できる高さ」

 12年9月、従業員3人の遺族が銀行を提訴した。田村夫妻も原告に入っていた。町指定避難所の堀切山ではなく、銀行の屋上を選んだのは「安全配慮義務違反にあたる」と主張した。一方、銀行側は「屋上の高さを超える津波は予見できなかった」とした。

 震災前に想定していた宮城県沖地震による津波の高さは、女川町では5.3メートルから5.9メートル。想定とは違った震源の位置や深さの場合は変化するため、あくまで目安にすぎない。ただ、支店長が屋上に避難指示をした理由があった。震災前に同銀行が沿岸部にある9つの支店に災害対応プランとして、「屋上等への避難」を策定していたためだ。その意味では、企業の管理下における労働災害の側面もあった。

 一審判決(仙台地裁)では、屋上への緊急避難は合理性があった、として、原告の訴えを認めなかった。控訴審(仙台高裁)では、再発防止につながるという和解案が示されたが、遺族側は「支店の被災を踏まえていない」との見解を示したことで、和解協議は打ち切られた。その後、控訴審は一審を支持して、「屋上までの高さは約10メートルで想定されていた津波から避難できる高さがあった」などとして、遺族側の敗訴。最高裁は上告を棄却した。

 確定判決では、企業としては「想定=基準」であり、基準を満たしていれば、法的責任はない、としている。マニュアル通りに判断した上司が避難指示をした結果、従業員が亡くなったとしても、企業の法的責任は問えない。つまりは、命を守るのは自己責任で、上司の避難誘導は絶対ではなく、あくまでも参考、ということになるのだろう。

判決後の遺族側会見(16年2月21日)

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  3. 3

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  9. 9

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  10. 10

    良識で排除するリベラル層の末路

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。