記事

【読書感想】わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方

1/2

わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方: 池上流「知る力」の鍛え方 (集英社新書)
作者: 池上彰
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 2019/02/15
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方 (集英社新書)
作者: 池上彰
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 2019/03/15
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
コピペやフェイク紛いの「エセ情報」が、インターネットやSNS、さらには新聞や日常会話にまで溢れている。安易な「わかりやすさ」を売りにするバラエティ番組は、事態をさらに悪化させている。私たちは、どうすればホンモノの「情報」や「知識」を得られるのか?ニュースの世界における「わかりやすさ」の開拓者が、行き過ぎた“要約”や、出所不明の“まとめ”に警鐘を鳴らし、情報探索術を伝授する。日本で最も「わかりやすい」解説者がその罠について論じた、池上流・情報処理術の決定版!


 日本で、「わかりやすいニュース」というジャンルを切り開いてきた池上彰さん。
 その池上さんが、あえて、「わかりやすさの罠」を語っている本です。

「難しいことをわかりやすく」というのは、私がこの30年間ずっとモットーにし続けてきたことです。しかし、最近になって、どうも、少なからぬ人たちが、「わかりやすさ」の罠にはまってしまっているのでは、と心配になってきました。

「罠」とはつまり、「わかったつもり」になってしまうということです。たとえば、特にここ数年、「池上さんの番組で十分わかったから、もうそれ以上のことはいいよ」という声をよく聞くようになりました。つまり、私の番組だけ見て満足してしまい、その後、自分で関心を持ってニュースを見たり、新聞を読んだり、調べようというところまでいかずに、「わかった」気になってしまっているのです。

視聴者のそうした反応を知って、私は考え込んでしまいました。

「ニュースなんてとっつきにくい。全然わからないよ」という人たちに向かって、「でも、こうやってわかりやすくすれば、理解できるでしょう」とテレビや本で解説してきたこと自体は、間違っていないと思っています。ただ、もしかしたら、あまりにもわかりやすくしすぎてしまったがために、視聴者や読者がそれで満足してしまった、という部分があったのかもしれません。

もちろん、私の番組を見て、「わかった」と思ってもらえるのは、嬉しいことです。けれども、限られた時間で何もかも伝えられるわけではありません。どんなものでもちゃんとわかるように説明できなければいけないということは自分に課していますが、トピックスによっては、短時間でぱぱっと説明しては危険だな、というものもあるのです。

 「わかりやすい」というのは、大事なことではあるのだけれど、人というのは、「わかりやすい」に溺れてしまうところがあるのです。

 「わかりやすいけれど、間違っている、あるいは、人々を扇動するようなこと」と、「理想を語っていて格調高いのだけれども、理解するのが難しいこと」が民主主義のなかで争うとどうなるか、というひとつの結果が、トランプ大統領が当選したアメリカ大統領選挙でした。  

トランプ氏とヒラリー候補の明暗を分けた理由はいくつかありますが、その中のひとつに、ふたりの演説の違いが挙げられます。ヒラリー候補は、優秀なエリートの彼女らしく、格調高い演説をしていました。しかし、そこで使われていた英語はインテリが使うような難しい言葉が中心で、選挙が終わってから「ヒラリーの演説、わかったふりをして聴いてたけど、実はよくわからなかった」と白状する人がいたほどです。知識層は彼女の演説を「素晴らしい」と称賛していましたが、これでは、一般庶民の心をつかむことはできなかったでしょう。

逆に、トランプ氏の英語は、あの”Make America Great Again"(強いアメリカを取り戻す)に代表されるように、小学生でもわかるレベルです。関係代名詞など絶対に出てきませんし、英文法でいうSVO、つまり主語と動詞と目的語だけのシンプルなフレーズしか使いません。アメリカ大統領になろうとする人物がそんな演説でいいのか、とも思いますが、ヒラリー候補とは対照的なトランプ氏の演説スタイルは、集まった観衆の心に強く響きました。

 僕は英語が得意ではないので、両者の演説の「英語としての格調」までは、よくわからなかったのですが、こうして解説されると、ヒラリー候補よりもトランプ氏に人々が「親しみ」を感じたのも理解できます。

 なにか立派なことを言っているみたいだけれど、自分にはよく内容がわからない、というのは、聞いている側にとっては疎外感もあるでしょうし。

 それに、ネット社会、SNSなどで多くの人が自分から発信できるようになってきて、「自分たちが理解できないのは、常に、相手の説明が悪いから」という人が増えているように僕も感じます。

 それは「増えた」のではなくて、それまで無視されてきた人々の声が「可視化」されただけなのかもしれないけれど。

 「わかりやすい」からといって、それが必ずしも「正しい」とは限らないのです。

シンプルなキャッチフレーズを繰り出す小泉(純一郎)氏の手法は、「ワンフレーズポリティクス」の典型です。「郵政民営化こそが改革の本丸だ!」と繰り返す小泉氏に、国民は熱狂しました。しかし、一見、単純でわかりやすいフレーズの裏側には、さまざまな政治的計算がなされていることを忘れてはなりません。

演説で小泉氏は「皆さん、郵便局を民営化すると、国家公務員が40万人減るんですよ」と、よく言っていました。確かに、「国家公務員が40万人減る」ということ自体は間違いではありません。問題は、実は郵便局は独立採算制であり、職員に公務員給与は払われていない、つまり郵政民営化をしても税金が新たに節約できるわけではない、という点です。

しかし、おそらく小泉氏の演説を聴いた人々は「郵政民営化で公務員がそんなにいなくなるなら、それだけ余計な支出がなくなって日本の財政にプラスになるんだな」と勘違いしたことでしょう。もし、「いやいや、国家公務員が40万人減っても、財政状態の好転にはならないよ」とわかっていたら、あれだけ多くの人が郵政民営化を支持したかどうかはわかりませんし、選挙の結果も違ったものになっていたかもしれません。

もちろん、そのあたりの事情をわかった上で、小泉氏は「郵政民営化すれば、国家公務員が40万人減るんです!」と叫んでいたわけです。つまり、嘘は言っていないけれど、意図的に国民を誤解させていたのですね。

 こういう「嘘は言っていないけれど、あえて誤解させる言葉」というのが、世の中に氾濫しているんですよね。

あわせて読みたい

「池上彰」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  3. 3

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  6. 6

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  7. 7

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。