記事

桜田大臣に、「復興五輪」を任せることはできない

桜田大臣には、開いた口がふさがりません。

東日本大震災に関して、当時、国道や、東北自動車道が通行可能だった、だからまだよかった、といったような趣旨の発言。

当時、東北自動車道をはじめとしていたるところで、道路網が寸断し、住民、救援の移動は困難を極めました。

救援物資を送るのに、道路網が寸断されている、どうやってこれを持って行ったら良いだろうか、といった相談を、救援を申し出る団体等から相談を受けた国会議員は多かったのではないでしょうか。その時に、必ず当時の道路網の状況は詳しく知ることになったはず。

桜田大臣は、当時、道路網に関する一般的な情報を知ることはおろか、そのような救援関係に全く関わっていなかったということがよく分かります。

東京オリンピック・パラリンピックは、「復興五輪」とも言われます。それを担当する大臣として、桜田大臣は絶対にふさわしくありません。安倍総理の任命責任も厳しく問われるべきです。

あわせて読みたい

「桜田義孝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  4. 4

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  5. 5

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    武漢から帰国の日本人が語る変化

    AbemaTIMES

  8. 8

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。