記事

IS首領は何処に

ISのシリア東部の最後の拠点が陥落しましたが、昨日の記事でも書いた通り、今後のISの動向については多くの課題が残っているところ、その一つはISの首領と言うか指導者、al baghdadi の行くへです。
何しろ彼が残っていることには、また彼の周りに過激派が結集する可能性もあり、他方彼が死亡した場合には、殉教者として、これまた過激派を引き付ける可能性がありそうです。
いずれであれ、今後の彼の動向はIS,ひいては過激派の動きに影響しそうです

現在のところ、彼がどうなったかについての確たる情報はなさそうですが、アラビア語メディアは
・一つは、シリア人権網は、彼らの得た情報筋の情報によると、al baghdadi はal baghuz の地下壕に潜んでいると語ったよし
・もう一つのメディアは、al baghdadiは砂漠地帯の洞窟に潜んでいる可能性があるが、専門家によれば、彼が常に側に置くのは、彼の兄、運転手兼護衛、メッセンジャーの3名だけであるとしています

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2019/03/23/معلومات-استخباراتية-للمرصد-قادة-لداعش-في-أنفاق-الباغوز.html
https://www.alquds.co.uk/%d8%a3%d8%a8%d9%88-%d8%a8%d9%83%d8%b1-%d8%a7%d9%84%d8%a8%d8%ba%d8%af%d8%a7%d8%af%d9%8a-%d9%85%d9%86-%d9%85%d9%86%d8%a8%d8%b1-%d8%a7%d9%84%d8%ae%d9%84%d8%a7%d9%81%d8%a9-%d8%a5%d9%84%d9%89-%d9%83/

あわせて読みたい

「ISIL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA維持 男を下げた文大統領

    自由人

  2. 2

    OYO急拡大でアパとの競争激化も

    内藤忍

  3. 3

    沢尻逮捕で考える芸能界と麻薬

    文化通信特報版

  4. 4

    GSOMIA維持で米中の対立激化か

    天木直人

  5. 5

    玉木氏 森議員の情報漏えい謝罪

    玉木雄一郎

  6. 6

    安倍首相 GSOMIA破棄凍結で会見

    AbemaTIMES

  7. 7

    ケンタッキー「安い」で劇的回復

    PRESIDENT Online

  8. 8

    不振のいきステに今行くべき理由

    内藤忍

  9. 9

    夜景撮影 一眼レフよりiPhone11?

    かさこ

  10. 10

    Google検索に勝る専門家の価値

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。