記事

小宮悦子「ニュースに恋した私がこれだけは言いたいこと」

女子キャスターのパイオニアが語る

ニュースステーションをともに支えた(共同通信社)

 1985年から1998年にかけて『ニュースステーション』(テレビ朝日)を久米宏氏とともに支えた小宮悦子さんは、その後の報道番組における「女性キャスター像」を作り上げたパイオニアである。変遷していく女子アナの役割と、現在の報道番組への思いを語った。(聞き手/岸川真=作家)

【写真】ニュースステーションの顔、久米宏

 * * *

 平成の30年間を振り返ると、女子アナという職業がひとつの“ジャンル”になりましたよね。その肩書きを引っさげて芸能活動をされる方や、政界に進出される方もいます。“元女子アナ枠”とでもいうか。

 私にも政界からオファーがなかったと言えば嘘になりますが、性格的にとても無理。やはり自らスポットライトに当たりに行くタイプではないみたいです。

 とはいえ、女子アナという仕事の間口が広がっていくこと自体は、良いことだと思っています。最近はフリーに転身される方も多いですし、そこは応援する気持ちしかありません。

 それよりも思うところがあるとすれば、報道番組に対してですね。

 いまは国内外で重大ニュースが目白押しです。泥沼の中東情勢や揺れるEUに、トランプ政権、朝鮮半島情勢とロシアの領土問題。日本でも森友・加計学園問題から統計改ざん、ゴーン裁判と数えきれないほどあります。

 それぞれツッコミどころが満載なのに、各局横並びで、問題の本質がいまいち分からない。全ての事象には原因と結果があります。誰がなぜ、どうやったのか。もっと掘り下げてほしい。

 当時の『ニュースステーション』が厚労省の統計改ざん問題を報じたなら、数式を出して、どこをいじったのかを解説するでしょうね。

 少なくとも私や久米さん、『ニュースステーション』のみんなは、強いものに抗っていくのも仕事のうち、そこに醍醐味があることを自覚していました。

 政治家のデフォルメ人形をスタジオに用意したのもそう。橋本龍太郎さんの人形が後ろに倒れたら、久米さんが、「やっぱり橋本さん、ふんぞり返りすぎですね」なんて揶揄する。

 ウィットに富んでいたし、創意工夫を凝らして、あらゆる問題を深く掘り下げようとしていました。いまはそういうのは難しいのかな……。「あれ、このニュースもう終わっちゃうの?」と思うことも少なくないです。

 確かにメディアが多様化して、テレビでニュースをどう料理するか、難しい時代ではあります。それでも、もう少し“ニュースに執着する”姿勢があってもいいんじゃないかな。

『ニュースステーション』を通じてニュースに恋した小宮悦子として、これだけは言いたいです。

※週刊ポスト2019年3月29日号

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  9. 9

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。