記事

米大物記者2大紙の偏向批判

ニューヨークタイムズ本社 出典:flickr : Joe Shlabotnik

古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

【まとめ】

・米有名大物ジャーナリストコッペル氏が2大新聞を批判。

・客観報道に徹してきた同氏が指摘した二大新聞の政治偏向。

・大手メディアの伝統を超える激しい反トランプキャンペーン。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合は、Japan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=44842でお読みください。】

アメリカのテレビ界の有名な大物記者がいまのアメリカ二大新聞はあまりに偏向していると批判して、話題となった。

テッド・コッペルといえば、ABCテレビの夕方のニュース番組ナイトライン」のキャスターを25年も務めたテレビ報道の大御所として広く知られる。コッペル記者は2005年に「ナイトライン」を降板してからも、フリーのジャーナリストとしてテレビや新聞を舞台に活躍してきた。そのコッペル記者がニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストという二大新聞を名指しで批判したことが波紋を広げた。

▲写真 テッド・コッペル氏(左)2017年 出典:Flickr; U.S. National Archives

ワシントン首都圏の日刊新聞、ワシントン・タイムズなどが3月20日付で報道したところによると、コッペル記者はワシントンの研究機関「カーネギー国際平和財団」が最近、主催したジャーナリズム研究の集会で今日の主要新聞について次のように語ったという。

「いまのニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストは50年前とはまったく異なってしまったことに深い懸念を感じる。いまの両紙はドナルド・トランプ氏はアメリカにとって悪いと断定した組織と化してしまった

▲写真 ワシントンポスト社 出典:Photo by Michael Fleischhacker

「2016年の大統領選挙ではニューヨーク・タイムズはトランプ氏が絶対に当選しないようにすることに全力をあげていた。その結果、トランプ政権への『抵抗』の報道や評論はいまも続いている

「だからトランプ大統領自身の『大手新聞はとにかく私を倒そうとしている』という認識は決してまちがってはいない。実際にリベラル志向のメディアの多くは自ら反トランプの『倒閣運動』に加わっていることを認めている」

以上がコッペル記者の最近の発言だった。

コッペル記者は「ナイトライン」のアンカーとなる前はABCテレビの報道記者としてベトナム戦争やニクソン大統領辞任につながるウォーターゲート事件の報道でも数々のすぐれた実績をあげてきた。また「ナイトライン」では右でも左でもなく、保守でもリベラルでもない中立の立場を表明して、客観報道に徹したという定評がある。そうした実績の超ベテランのジャーナリストから「政権打倒の活動に走っている」と断じられたニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの両紙はその政治偏向があまりに顕著ということになる。

▲写真 インタビューを受けるトランプ大統領 出典:Flickr; The White House

確かに両紙とも、トランプ政権への態度は別にしても、伝統的に大統領選挙では論調としては「社説」で必ず、民主党候補への支持を表明する。また記者や編集者の間でも民主党支持を公然と明らかにしている人たちが大多数となっている。このため民主党が政権を握るときは、政権入りする記者たちも少なくない。共和党政権になれば、元のメディアに戻るわけだ。

だからアメリカの大手メディアは伝統的に民主党支持が多いのだが、いまのトランプ大統領に対する攻撃のキャンペーンはその伝統をはるかに越えて、異様なほど激しくなっている。そんなアメリカのメディア界の現状をコッペル記者がニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストという代表的なエリート新聞に的をしぼって批判的に論評したわけだ。その論評は「主要メディアはアメリカ国民の敵だ」とまで断言するトランプ大統領の主張にもいくぶんの支援を与えたともいえそうだ。あるいは両新聞の偏向がそれほどひどい、ということなのかもしれない。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  3. 3

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  4. 4

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

  5. 5

    カジノ誘致で米中に蜜吸わせるな

    毒蝮三太夫

  6. 6

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  7. 7

    実名報道 想像力乏しい記者たち

    dragoner

  8. 8

    邦人帰国のチャーター機派遣延期

    ロイター

  9. 9

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  10. 10

    杉田議員の「エア電話」率は80%?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。