記事

ヘイト発言をした政治家に生卵をぶつけるのは「正義」か?

1/2
NZ銃撃は「移民政策のせい」 問題発言の豪議員、生卵投げ付けられる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-35134310-cnn-int
> ニュージーランド南部クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)で起きた銃撃事件をめぐり、同国の移民政策が原因だと発言したオーストラリアの極右議員が、若者から生卵を投げ付けられた。
>豪上院のアニング議員は事件を受けて、「そもそも真の原因は、狂信的なイスラム教徒をニュージーランドに迎え入れている移民政策だ」との見方を示していた。
>アニング議員は16日、メルボルンでの記者会見で同事件について、暴力と容疑者の行為に反対するとコメント。そのわきから少年(17)が片手で携帯電話のカメラを掲げ、もう片方の手でアニング氏の頭に卵を投げ付けた。
>同氏は少年の顔を殴り、さらにもう一発殴ろうとしたが、周囲が2人を引き離して少年を地面に押さえ付けた。この様子を撮影した映像は、インターネット上で拡散して物議を醸した。
この行為に関して我が国ではリベラルとか人権派であるはずの人たちが少年の行為にを称賛しました。
まあ、こんな感じです。

ぼくはこのような考え方に与しません。
少年のやった行為は暴力でしかありません。
言論に対しては言論で対抗すべきです。怪我をするとかしないから、とかの問題ではありません。
そのようにツイッターで述べたら、個人的に知り合いでもある、ライターの三浦天紗子さんからまで罵倒されました。

ぼくは信じられませんでした。彼女は言葉を生業にしている人間であり、人権に敏感な人だったのでびっくりしました。

このような彼女に対してぼくは以下のような例を出しました。

するとこれです。

自分が同じ目に遭うと想像すると途端に被害者モードに入って、相手を攻撃です。

逮捕されたのは違法行為だからです。すぐ釈放されたのは重罪じゃないじゃないからであって、「義憤」だったからじゃありません。法を全く理解していません。
レジスタンスであればSNSなり、ビラを巻くなり、議員に手紙をかくなり、運動をおこなすなりあるでしょう。
そういう面倒くさいことが嫌で、はじめからスマホ回して、世間に受ける一発芸をやっただけでしょう。
有り体に言えば親の教育が悪い。

三浦さんは自分でやる勇気はないが、犯罪に喝采するそうです。
自分は正しければ法を曲げていいのだ、それは今回の乱射事件のテロリストと同じロジックであることに三浦さんは
気がついていません。
実際少年は捕まっています。我が国同じことやっても捕まります。義憤でやったら愛国無罪というのはお隣の全体主義の国の理屈です。それも党の政策に沿っていればの話です。リベラルや人権派にこのように、自分の主張に沿うのであれば暴力や脱法行為に鷹揚な人が多いのは誠に不思議です。
得てしてこういう注目を浴びたい社会運動系の連中はエスカレーションするのは歴史の示すこところです。
我が国のが癖運動でも平和デモでは注目されずに、ゲバ棒奮ったり、それから火炎瓶なげたり、警官殺し、三菱重工に爆弾仕掛け、仲間内でリンチで殺し、テルアビブの空港で、乱射事件を起こしたりしています。

あわせて読みたい

「ニュージーランド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  2. 2

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  9. 9

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    高収入の夫 変わらぬ古い価値観

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。