記事

アルツハイマーは手強い まだまだ薬は難しい

認知症の薬の開発が中止されました。エーザイは大騒ぎのようで、株価もすごいことになってます。でも日経のタイトルはそれほどでも無いようですw(エーザイ、別の認知症薬に望みつなぐ 最終治験を開始

今老化問題含めて認知症の薬は苦労しています。それこそ以前承認されたアルツハイマーの薬はフランスでは承認から外されています。
アルツハイマー病治療薬・フランスで医療保険から外れる 変わる認知症治療の潮流とは

そう本当にこの薬が効いているのかわからないという疾患に対する薬の判断は、介入がうまくいっているのかはなかなか実際判断が難しいものです。(一部には効果はありそうですが)

市川さんの記事からですが
>実際に過去の臨床試験では、薬を適切な人が適切なタイミングで使えば、認知機能を調べるテストの低下を一時的に抑えられる
>施設に入所せずに自立してすごせる期間が長くなったりするなどの「良い影響」への期待が大きい(中略)それらの良い影響があるかどうかを検討した研究を色々と調べた結果、現時点での証拠は「不十分」であると判断した
簡単にいうとアリセプトなどでは認知症診断試験の成績はいくらか点数が悪くしないようにしたけど、それ以外で生活改善のメリットははっきりしなかったということなんです。今回のエーザイの薬も同様だったのでしょうか。詳細はわかりませんが、そこまで劇的な効果ではなかったことは明らかです。

事実、お薬を投与するだけの医師が多すぎるのが問題ではあるのですが、薬のめば認知症がよくなる、薬のめば年取らない、なんていうのは正直まだまだ先のようです。

それこそ薬より規則正しい生活介入の方が今はまだきっといいと思います。それこそ精神科の行動療法も似てます。とはいえそれも全員に効果があるわけでは無いですが、個別の対応がやはり必要で、エビデンスはつくりにくいのだと思っています。

あわせて読みたい

「アルツハイマー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  3. 3

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  4. 4

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  6. 6

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  7. 7

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  8. 8

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  9. 9

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  10. 10

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。